どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.06.16
いい!
アルバム届きました

で、早速PVをチェック。


1回通し見の感想は・・・


PVもメイキングも、クオリティ高っ!





予想だにしてなかった、なんと



レコーディングの様子が入っています。




なんか、見ていて


彼らのファンであることを
誇りに思えるような、そんな作品です。


PV撮影が、仙台コンの前日だったというのが
これまた感慨深く。











さて、初回版のブックレット裏表紙には
いわゆるメッセージ的なものが書かれてあるのですが
文字がなんだか亀っぽいんです。

どうでしょう?



それから、ブックレットに使われている写真も
なかなか良いのですが、
これをパラパラめくりながら思ったこと。


ツアーパンフを見ても、シングルのジャケットを見ても
あまり気にはならなかったんだけど、

あー、仁がいないんだなあってことを
すごく実感したんです、なぜか。

亀のページをパラパラめくり
次にじゅんのが現れた瞬間、
なんだかすごくぽっかりとした空間を感じたというか。



あと、私
前の感想で「PROMISE SONG」のことを
ちょっと・・・みたいな感じで言ったのは

最初に某所で歌詞を読んで、曲を別某所で聴いたときに
あまりにも狙いすぎているような感じがして
それがすごく嫌だったんですが

今日アルバムを受け取って
歌詞カードを読んでたら
ちょっと最初受け取った感じと違って来て

まだ曲聴いて無いので何とも言えないのですが
印象が変わってくるかもしれません。


それと、この曲のことで
気になるコメントをいただきまして
そのこともちょっと考えてみたいなと思いまして。


ワールドツアーを念頭に作られたアルバムではあるけれど
なんだか全体にあるメッセージが込められているような感じもして


最初から最後まで通して聴いたときに
なんか気付くことがあるような

そんな予感もあったり・・・


・・・なかったり。。。





スポンサーサイト
21:45  CD&DVD comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/966-6ec8641e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。