どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.06.08
素敵な野球小僧
Going!を見た翌日に婦人公論の対談を読む、

なんて贅沢・・・



日曜日のGoing!
目玉は何と言っても亀ちゃんのキャッチャー体験。

そういえば、先週言い忘れたんだけど
VTRの中で登場するアイキャッチ的なものがありますよね
(「キャッチャー亀梨 至近距離からバッティングを観察」とか)
あれに写っている亀ちゃんがバリバリのアイドル笑顔で
めちゃめちゃカワユスで、これいいよなーって先週から思っていたのですよ。
先週はブルーの大きな帽子被ってスマイル、
今週はホッシー達とVサインしてスマイル。


小学生以来、しかも硬式では初めてという亀ちゃんの
キャッチャー体験ですが
いやいやバッティングマシンでの練習姿は
結構様になっていたからスゴイ。
マスクを被らないで受けられるなんて
すごいなーでもヒヤヒヤするなーなんて思いながら
見てたのですが

手を後ろに隠すのは、
ボールが当たると骨折するからって
初めて知りました!
いや、片手で受けるなんてすごいなーなんて
のんびり考えていたのですが
ちゃんとした理由があってのこと

それだけ危険がいっぱいなポジションってことですよね
亀ちゃんの緊張して強張った顔も当然のこと。


内川選手のお話も首位打者経験者ならではの
貴重なもので
そーいえば昔、王さん(元ダイエー監督)は
調子がいい時はボールが止まって見えていたという話を聞いたことがありますが
一流のアスリートって超越してるんだなーってことを再確認。

私的ツボだったのは
バッティングピッチャーからグラブで背中をトンとされた時の
亀ちゃんの表情。
ああいう素の表情が見られるってなかなか無いですよね。


江川さんからの問題を見事に正解した時の
アイドル全開笑顔もスバラしかったですが
阿部選手に打たれたホームランについての説明は
もう感心して聞いちゃいました。
改めてVTRを見直すと、確かにマー君が
口ポカーと開けて『ええっ?』みたいな顔をしているんですね
改めてその観察眼に驚きました。
そりゃ、上田さんも「先生っ!」ってよぶわな(^^)


Going!の放送を踏まえて
「婦人公論」の対談記事を読むと
より強く響いてくるものがあります。


取材される立場がわかっているからこそ躊躇もしてしまう
取材する立場の難しさ。
選手に近寄れず、スタッフから背中を押されることもあるとか。

人に相談することが苦手だという話も
なんかすごくわかるような気がするし。

亀ちゃん自身の「プロ意識」の高さについては
前々からわかっていたことではあったけれども
そのことについて語っている部分は
とても興味深かったです。

あと、

「一流の人と常に一緒にいることが正直しんどい部分もあるので」

という言葉が出てきたのはちょっと意外でした。
これは相手が江川さんだからこその本音の言葉なんでしょうね。


いやあーなんかちょっと・・自分、もっとちゃんとしよう(^^ゞ









スポンサーサイト

01:51  Going! comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/962-3479b6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。