どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.05.03
曲に重ねる思い
コンリハ以降、そしてMステ以降ますます
私の脳内では「Going!」がリフレインしている状態なのですが

この曲はスポーツ番組で使われていることもあって
アスリートへの応援メッセージという意味合いが強く
でももちろん、それ以外の一般の人々へもメッセージは向けられていて
そのように受け止めながら聴くのがもっともなのだろうとは思うのですが、

私は最初に聴いたときから、KAT-TUNと亀ちゃんの姿がオーバーラップ。


サビの部分、

「力の限り走る君が世界の壁壊してく
 道は果てしない夢に続く」

には、とにかく前に向かって進んでいる亀ちゃんの姿が
重なってしまうので

ここの部分を聴くと自然と涙腺が緩んでくるのです。


あと、最初に聴いたときから気になっていた2番の歌詞

仲間達巻き込んで~の部分は、じんじんのことが浮かんでしまうし


聖のラップ詞で、また亀ちゃんへと思いを馳せるのですが

その後の5人が歌っている部分では、
そんな中でも前に進み続けている皆の姿に
こちらが勇気づけられてしまうというか

そんな感じで聴いてます。


ま、曲の捉え方は人それぞれ

ですよね。






スポンサーサイト

23:42  CD&DVD comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/945-bd839785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。