どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.03.26
ヤマナデアンケート結果
ヤマナデアンケートに
お答えいただきありがとうございました。

思えば先週の今日、ドラマが最終回を迎えたわけですが
なんだかずいぶんと時間が経ってしまったようにも思えます。
(そういえば、現場レポ101公開されましたね)

このアンケートを設置したきっかけですが、
最終回を見終わった後のどうにもスッキリしない
上手く表現できないけどもや~とした気持ち、
いろんなところで感想を読んでも消化できなかったその気持ちを
上手く代弁してくださる方がいらっしゃるのでは?
という他力本願な思いがありました。

実は望んでいた程、数は集まらなかったのですが(残念・・)
いろんなご意見をいただき、内容としてはとても納得のいくものとなりました。
なにより、ご回答いただいた皆さんは
本当に真摯にそれぞれの思いを綴って下さって
そのひとつひとつの言葉にとても勇気付けられたり、救われたりもしました。

改めてこの場を借りて御礼申し上げます。


全ての方が、答えの一部をブログ上で紹介することを承諾して下さいましたが
一部というよりほとんど全部を紹介する形となりましたこと(^_^;)
ご了承下さい。
出来るだけニュアンスを変えないように
文章を編集している箇所もありますが、もし不都合がありましたら
鍵コメ、拍手コメにてご連絡いただけると助かります。


それでは、アンケートの結果は「more」よりご覧になって下さい。





------------------------------------------------------------
Q1.ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」の率直な感想は?

1位:面白かった
2位:まあまあかな
3位:微妙・・・

※「面白かった!」「つまんなかった」は票なし


Q2.よろしければ問1の理由を教えて下さい

・笑いあり 涙ありでした。
・亀ちゃんの力技バンザイ。
・色々思うとこも毎回あったけど、それ以上にキャスト全員の雰囲気の良さが伝わってきたし、
 現場レポでは、ほぼリアルタイムで裏の様子や雰囲気を知ることが出来たので楽しんで見られました。
・2話から回を重ねるごとに面白くなったが、その都度コメディになったりホラーっぽくなったり
 シリアスになったり統一性がなかった。
・とっても面白かったとしたいのですが、どうしても3話が個人的に重かったので
 (恭平とまりの関係が、亀ちゃんと一ファンの自分にみえて)
それを除けば、波はあっても楽しめました!
他の出演者は、キャラクターを演じてると感じるのに、亀ちゃんは恭平そのものになっていたと思いました。
・楽しませてはもらいましたが、ジャニーズファンと子供向けのドラマでした。
 深い内容も適当にごまかされたように感じました。
・毎週亀梨さんを見れた。キャストは良かった。亀ちゃんのいろんな泣き顔が見れた!

Q3.一番好きな回は第何話でしたか?(複数回答有)

1位:4話、8話、9話が同率 (4話はスナコお見合いの回)
2位:7話、最終回     (7話はスナコの同窓会)


Q4.それを選んだ理由は?

・話のスピード感、アクションシーン、爽快感がありました。(強いて言うなら第1話)
・アクションシーンの恭平がかっこ良かった。(第4話)
・話のスケールがでかくてばかばかしくて良かった。(第4話)
・スナコが恭平に背中を押されて前に進めたところ、恭平のセリフが印象的。(第7話)
・リピに耐えられる構成(第8話)
・恭平の家庭環境とお母さんの病気の扱い方の軽さには、がっかりしましたが、
 それぞれの場面が意味を持って繋がっていく展開が好きでした。
 「信じること」「相手に求めるのではなく自分はどうするか」というメッセージも好きです。(第9話)
・ごくせんでは鼻水をCGで消してもらった亀梨君、今までの綺麗な泣きのシーンと違ってただ泣く
 えっ、この顔だしていいの?(笑)と一瞬思ったほどの恭平の感情を体現した泣きのシーンに
 彼の成長を感じました。(8・9・最終回)
・まさに少女漫画的なラストが意外にもはまってて
 恭平やるな!とラストも明るくヤマナデらしかったと。(最終回)
・なかなか面白かった。後半(7~最終回)はおもしろいのかよくわからなかったけど・・・。

Q5.ヤマナデで一番良かったのは?(複数回答有)

1位:亀梨和也の演技(ダントツでした)
2位:主題歌

Q6.ドラマの感想がありましたらご自由に書き込み下さい

・ちょっとだるい感じの場面が多くて残念でしたが、
 亀ちゃんの演技は今までで一番上手かったと思います。ちゃんと 恭平でした。
・あの8話がなかったらもうどうにもならなかったわけです。
・とにかく演じる機会をまたもらえたこと、何より脱日テレドラマであったこと。
 色々あるけど根底に感じるドラマのTBSで連ドラ主演をはり、
 その現場を体感できたことに感謝という気持ちです。現場レポのスタッフさんの愛あるお仕事にも
 感激でした。
・主題歌を歌って踊るとこが好き。 主題歌も好き。
・1話完結の明るいドラマかと思ってたのに、みごとに(?)裏切られたドラマでした。
いい意味でなのか?そこら辺は自分でもまだ消化出来てないですけど‥。
 でも、いいドラマだったと思いますし、共演者にも恵まれてたと思いました。
・脚本なんとかしてくれ~って感じです。 確かに小学生に人気があったのはで肌で感じました(娘情報)。
 お話をおもしろくして、続編が見たい

Q7.どのドラマが一番好きですか?

1位:野ブタ。をプロデュース
2位:その他(特になしも含め)

Q8.何かメッセージがありましたらどうぞ

・「ダメ」なのは亀ちゃんに「ヤマナデ」(!)という時点で明確なわけですから。
 でもそこでくじけない亀ちゃんが好きなので、しょうがありません。
・ここ何年かはドラマを観ても面白く感じないので、
 ドラマを最初から最後まで観させてくれる亀ちゃんは、それだけ で凄い存在です。
・面白かったと思い込もうとしている自分がいたのは確かです。でもファンとしては本当に楽しめました。
・このドラマをアイドルとしての亀梨君ファンがとても喜ばれていることは驚きでした。
 それはそれで仕方のないことですが、アイドルドラマとしては十分でも
 このドラマでは役者亀梨和也がもったいない。
 役者亀梨和也のファンもいるのだと、遠慮しないできちんと伝えていかなくては
 と思っていたところでした。

------------------------------------------------------------


皆様のお答に対する感想やコメントはあえて控えますが
ちょっと気になったのが、Q7の回答

Q7.どのドラマが一番好きですか?

1位:野ブタ。をプロデュース
2位:その他(特になしも含め)


野ブタスキーの私にとって、2位の結果が興味深いところです。



最後に、私のドラマに対する感想がどうしても辛口になってしまう理由ですが


亀ちゃんの素材と才能に惚れ、彼の演じる姿をもっともっとこの目で確認したいと思っているのに
視聴率云々で一般の視聴者に敬遠され
ドラマ出演の機会が減ってしまうのでは?という懸念があるから


なんです。




スポンサーサイト
21:50  「ヤマトナデシコ七変化」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/919-ae0c96ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。