どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.02.21
第6話
6話感想行きまーす。(蘭様にあやかって・・)



さて、一番気になったのは
武長のお父さん役、榎木孝明さんのおでこ・・・

・・ではなく、

その武長父が
自宅のでっかい風呂場で
(で、なんでハサミが置いてあるの?風呂場に?!
それもなんだか工作用みたいな安っぽいやつが)
突然殴り合いのケンカを始めた息子達の様子や
その後風呂場の床に寝ころんで青春な語り合いをしている様子を
じっとその場で見ていたんかいっ!ってこと(^_^;)

そして、そんな息子の様子を見られたことが
そんなにも嬉しかった(?)のか
あまりにもあっさり
息子の主張を認めてしまったこと。


ところで、この父と子の関係、
亀ファンの誰もがきっとデジャヴ・・・を覚えたのでは?
と思うのですが・・・

ね、竜ちゃん。



6話に関してはもう
面白んだか面白くないんだかよくわからなかったというのが
正直なところで(スイマセン)
というのは、話の内容や流れはさほど悪くはないんだけど
なんだかまあこれはこのドラマの1話から気にはなっていたことなんだけど

展開が唐突過ぎる!ってこと。


突然現れたマチコちゃん、は
まだ許せるとして
(そういえば、水族館での雪ちゃんのマチコちゃんの抱き締め方が
なんだかエロいぞと思ったのは私だけ?)

突然母の元へ行ってしまってるタケル(これはもしや大人の事情?)、
いつの間にか乃依ちゃんと恋人関係になっている武長、
いい感じの会話が続いていたのに突然殴り合いを始める恭平と武長、
(つーか、あんたたちわざわざ服脱がなくても・・)
そこにまた嬉しそうに乱入する雪ちゃんと蘭さま
まあこのあたりは、視聴者のニーズにお応えして・・ってことだろうから
仕方がないっちゃ仕方がないんですけど。


あ、あと気になるといえば
武長と乃依ちゃんとの関係なんだけど
私にはどうしても武長が乃依ちゃんの事を好きでいるようには
見えないんです。
それは武長がクールで、自分の気持ちをあまり表に出さないタイプだからと言ってしまえば
そうなんだけど・・・でも
彼のスナコちゃんや恭平に対するまるで保護者のような愛情に対しては
見ていてすごく伝わってくるので
余計に乃依ちゃんに対する気持ちが掴めないというか・・・

そんなこと気にしなくても・・って言われれば、まーそうなんだけど。。
蘭子さんの声のキンキンさ以上に気になってしまうんですよねー。。。



こんなこと言ってますが、もちろん
好きな場面とかツボに入った表情とかはあるわけで。

一番好きなシーンは
酔いつぶれた恭平がスナコちゃんに縋りつく感じで眠ってしまい
目覚めた時にちょっと慌てた感じで、スナコちゃんの手を握りしめていた自分の手を
そっとほどくところ。
(そ、酔って甘える恭平さんより、こっちの恭平さんの方が私は好き)

ハッとした表情が想像出来るような一連の動き、
大切なものを壊さないようにそっと手を離すところが
恭平のスナコちゃんへの思いを表しているようで
とてもいいシーンだなーと思いました。
とにかく亀ちゃんの動きがいいんですよね。

亀ちゃんって顔の表情もそうだけど、こういう動きにも
表情のある人だなあって思います。

動きといえば、問題解決後
リビングのソファーでおばちゃん&タケルとTV電話やってる場面で
蘭様の言葉に対して
雪ちゃんと二人して「え?」って感じで蘭様の方を見るところが
二人の呼吸と表情がピッタリ合っていて面白かったです。
(一瞬のシーンなんだけど間の取り方とか)

表情では、武長とのやり取り
本音を隠して恭平達を帰そうとする武長を見つめる時の目、
武長の表情の中に彼の本音を読み取った時の恭平の目、
このあたりは本当に目を見ているだけで恭平の気持ちが
伝わってくるというか、すごいなあって思いました。

それだけに・・・その後の湯船の乱闘が・・・

ま、来週はスナコちゃんのコンプレックスの根源に迫れるであろう
同窓会ってことでまた話が盛り上がって来そうなので
とても楽しみです。

それにしても、亀ちゃんの短髪はやっぱり似合う!
最後のカメラ目線も幼さと生意気さが合わさった
これまた魅力的な表情で、
こっちの髪型の方が恭平の子供な部分はかなり伝わってくるんじゃないかなって
思っております。


あ、あと、このドラマって
ドクロ柄の小道具がとてもカワイイ!
スナコちゃんが頬かむりしてた手ぬぐい(?)や
熱のある乃依ちゃんの介抱に使われていた一連のグッズ
(洗面器とか氷嚢代わりのバンダナとか・・)
恭平にかけられたブランケットも
欲しいかも・・って思ったけどあれは
カワイイ人たちがああいう使い方してるから
余計に可愛く見えるような気もします(^_^;)









スポンサーサイト

00:42  「ヤマトナデシコ七変化」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/899-ea1e29b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。