どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.12.22
ざっといろんな感想を
ベストアーティストからちょっと間が空いちゃいましたが
元気にしております。

週末に、「THIS IS IT」を観てきました。

特にMJファンってわけではないんですが、
どうしてもこの映画は観ておきたくて。
でも、行ってみて良かったです。
マイケルのすごさを改めて感じることが出来たというか
彼のエンターテイナーとしての魅力は当然のことながら
随所から伝わってくるんだけど
シンガーとしての魅力も、再確認出来たというか。

一番心に残ったのが、亀ちゃんお気に入りの「Human Nature」。
私は亀ラジを通じてこの曲を知ったのですが、
「スリラー」に収録され、その後シングルカットされた曲だったんですね。
いやはや、全く知りませんでした。
でも、今聴いても、全く古さを感じないんですけどね。



日曜日は、朝、「ぼくらの時代」を見たのですが
いや、出演者が光一君とタッキーって珍しい組み合わせだなーって
興味があったので、でも
もう一人は一体?
ん?この二人って言えば、帝劇が共通だなー、まさかもう一人って・・・
と思っていたら、その通りのまさかの人でした(にがわら)。

終始、当たり障りの無い会話がかわされ、
録画するほどじゃなかったなーって感じだったのですが(^^ゞ
パンちゃんは可愛かったなー。



夕方は「平家派」兄さんたちのやり取りを見て、
夜はドラマ「JIN」の最終回を見たのですが
うーん、いろんな謎が解かされぬままのエンディングに
消化不良感が残っております。
続編あるのかなー?続きは映画で・・ってのだけは
やって欲しくないんだけど・・・どうせならドラマで完結させて欲しいんですけどね。

このドラマをずっと見てきて(でも6話だけ見逃してるんですが)
一番好きだったのは、緒方先生が亡くなられた回。
あの回の、二人のやり取りに涙が溢れて・・緒方先生絡みでは
仁が医学所で講師を始めた頃、真っ先に質問するのはいつも緒方先生・・という
あの一連の場面も好きでした。



さて、日常の事はこれくらいにして・・・(笑)


惑星コンのDVDは、実はまだ全部見れてません。
届いた日と次の日くらいでおおかた見ることは出来たのですが
全てとなるとなかなか・・・

ライブのオープニングからシングルメドレー
(「喜び~」はここで歌っていたんだ!と確認、でも短かったですね、この曲)
Sラブ~1582、PIERROTの途中まで見て、
peak~リアフェまで見て、
ワイルズ~ラストまで見ました。

「1582」の上段でのパフォーマンスの場面で
私はライブ中、「うむむむ?」って思ったことがあったんだけど
DVDを見て、その感想があながち間違いではなかったことを
確認出来ました。
ちょっとそれはここでは言えないんだけど、
きっと私くらいだよなー、そんな風に感じたのは。

でも、やっぱりすごかったですね「1582」は
息を呑んで見てしまいました。

ただ、私は
花魁亀ちゃんより、刀持った方の亀ちゃんがやっぱり好きです。
それはライブの時も同じように思っていたんですが
DVD見て、確信しました。
ライブの時はさすがに細かいところまではわからなかったけれど
花魁の時の紅を残したまま大股でスタスタ歩いているので
これまたなんだかすごい不思議な色気を醸し出しているんですよー。
男なのにこれは一体何だろう的な、語彙に乏しいので
上手く表現出来ないのが口惜しゅうて叶わんのですが(笑)。


とにかくこれを見るだけでも今年のライブはすごかったんだなーってことを
しみじみと実感しました。



DISC3のツアーの映像とインタビューも良かったです。

ツアーは全く参加していないから
あー、こんなんだったんだなーってのが結構わかって嬉しかったなー。

「春夏秋冬」の場面やちょこっとだけど「LOVE」を歌っているところも
流れたし、
亀ソロのロバ丸バックダンサー(そこかいっ!)も見られたし

ドームのDVDを見た後でツアーの様子を見ると
もうなんか、ツアーは手作り感いっぱいって感じで、
尚且つ、客席が近いっ!っていうかKAT-TUNが近いっ!!

ここんとこ、ドーム慣れしてるせいか
アリーナでKAT-TUNなんて眩しくて正視出来ないわっ!って
自分の中で大きな誤解が生じて来ています。


亀ちゃんのインタビューも良かったです
あーなんか、等身大って感じで。

そーいえば、じんじん留学の話が出ていたのにはビックリ
でも、ゆっちとじんじんのしかなくてガッカリ。

まー、仕方がないのかなー。



インタビューについては何回か見直して、また感想上げたいです。









スポンサーサイト

23:36  CD&DVD comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/858-d46bad80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。