どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.12.07
へー、そうなのかー

最近、ブログのタイトルがかなりいい加減ですが・・(^^ゞ


今度のドラマはエキストラ募集があるのですね
募集ページの内容を見るとこれが結構面白い!
ヤマナデのエキストラ内容ももちろんですが、
「ハンチョウ」の

"20代 ~ 40代の黒髪の男女"

ってのは、おーおー、これだったら
年齢的にいけるかも、と思いきや

"今回は刑事になっていただきます" の注釈付き!


すごいなーこれ、エキストラ慣れしてないと
結構キツイかも。



さて、ヤマナデなるものが一体どういう内容か
全く知らなかったので
某所で立ち読みしたのですが、

さすがに立ち読みだけでは
その面白さを理解するまでは行かず
まあでも、おおまかな内容はかなりざっくりですが
掴むことは出来ました。

思ったのは、
このマンガって作り方でいろいろ変わりそうってこと。

恭平君のキャラは、正直亀ちゃんとは全く重ならないんだけど
例えば、今放送中のドラマ「仁」だって
原作の仁先生は大沢たかおさんとはまるでキャラが違うけど
ドラマとして、キャスティングも含めて
とても魅力的ではないですかー。

だから、脚本とか演出とかキャラクター設定などがきちんとしていれば
いいドラマになる可能性もアリだなーって
思っております。(もちろんその逆も)


とにかく今は楽しみ!のひとことだけ。



以下、拍手御礼です。










>Aさんへ

はじめまして、コメントありがとうございました。

そういう見方をされている方もいらっしゃるんだなーという
驚きというより、納得する部分が多いかも・・という
そんな気持ちを抱きました。

グループというのは本当に難しいし
でも、グループだからこそここまでやってこれたという部分は
かなりあると思います。

そういうのがこの先、見ている側にも伝わってくると
いいですね。



スポンサーサイト
00:26  「ヤマトナデシコ七変化」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/851-b89c3d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。