どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.09.06
魅惑のライン
最近本屋さんに行くと、ライブフォトブックが平積みになっている光景を
必ず目にします。

ある本屋さんでは、中居君本の隣にあり
別の本屋さんでは、菅野美穂さんのフォトエッセイ集と
同じ並びに置いてありました。

実際手に取っている人には、今のところ遭遇したことはないけれど
(でもこの間、ごくせん映画のフォトブックを
熱心に立読みしているお嬢さんを見かけた)
結構目立つ所に置いてあるので、
出来るだけ多くの人に興味を持ってもらえるといいんだけどなあ。

ただ、ちょっと手に取って眺めるには
少し重すぎるという弱点アリ。。。






ライブフォトブックの中で、フェイバリットショットとしてこれを上げている方は
あまりいないんじゃないかと思うのですが、

ライブ中のショットで1ページまるまる使ってもらってる
(右のページはゆっち)
オープニングメドレーの白黒衣装に身を包んだ
サングラスにバンダナ巻いたスタイルで
マイクを持った左手で
髪かサングラスの位置を修正するような仕草
舞台の上を前進しているのでしょう
右足が一歩前に出た姿で

これ、結構好きなんです。

特に腰から右足ふとももにかけてのラインが好き。

この衣装の時の亀ちゃんは特に
こういう動きというかこういう身体のラインだったので
ドームのだだっぴろい会場でも
比較的容易に見つけることが出来てました。

そのことを思い出させてくれた1枚です。





スポンサーサイト

18:40  写真集 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/805-ae3ad56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。