どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.08.27
山をナメんな
カツカツ登山シリーズの完結編は
500m級→900m級→いきなりの3000m級!である富士山。

前日の買い物までは楽しげでまだまだ余裕があったのに
当日はのっけから悪天候に悩まされるという前途多難な雰囲気。

※買い物におけるツボ
深夜枠~予算が少ない~買物は自腹という図式がなんだか切実。
点滴を思わせる水補給グッズは実は便利な代物なのか?
 


それにしてもカツン、やっぱり強力な雨男っている?

カツカツの初ロケだった沖縄の所さん別荘の時といい
ここぞという時の雨率高し。
ライブの時も雨に遭遇するケースが多い。


そんな中でも最初の内はまだ笑いがあったり
歌が出てくる余裕があったのだけれども、
だんだんと落ちてくるテンション、
雨に煙って視界も悪くなりカメラも壊れる。

それにしてもそんなに簡単に壊れるものなのか?カメラ。

思うように登れない自分を悔しがっている様子に
負けず嫌いが垣間見える亀ちゃん。

最悪のコンディション、でも前に進むしかないという過酷なロケ。

6人が画面に収まっているはずなのに
あれコウキ?と思ったら
ハリマオ風な人が一人紛れてた。
顔ほとんど見えて無いじゃん(笑)。


いやあもう、見ているとみんなの体調が心配になってくるという
とにかく無事帰ってくることだけを祈りたくなるような富士山前編でした。



富士山に向かい中央道を走っているロケバスでの、
亀ちゃんのちんまりとした寝姿と
登山中、ふと心配になったのか
「コウキ!」と呼んだ時の声がとても印象的でした。


あと、山のオキテ先生はおだやかな方ばかりですが
特に富士山、静かな語り口でちゃんとポイントは押さえてくる

流石です。



スポンサーサイト

22:23  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/796-0c7172f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。