どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.08.02
祭には乗れないけど
亀ちゃんのソロ曲タイトルが公表されたようですね。

なんか・・・ストレート過ぎるよっ!
ってツッコミたくなったけど、彼らしいなーって思います。

仙台も終わって次は広島ですね。
しばらくはツアレポをチェックする日が続きそう。




ツアーに参加出来ないココロのスキマを埋めるために
甘い歌声を聴いています。
なんかはまっちゃうようなメロディーラインだなー。


休みの日に、過去に放送されてたらしいごくせんのアニメを
チラチラとチェックしていたのですが
原作マンガを読んだことがないので、
初めてオリジナルのストーリーというか
人物設定を知って
沢田慎って、ドラマの第一シリーズでの設定と
微妙に違っていたんだなーってことがわかりました。

ドラマでは確か父親が代議士で
妹がいるって設定だったと思うんだけど
原作では父は警察のお偉いさんで、優秀な兄貴がいるという設定。
兄貴の存在は別として、これって第二シリーズの竜の家庭環境じゃんと思っていたら
慎が父親のエゴで自宅に軟禁され
おまけに学校もやめさせられるという話があり、
彼の真意を確認するため
部屋のバルコニーにヤンクミが・・・
そしてヤンクミは慎を連れ出し自宅に囲い(って言い方が正しいかどうか
翌朝そこに父親が・・・

あれ?これって第九話の竜の境遇じゃん?


小田切竜って人物は
ドラマのオリジナル設定で生まれたキャラクターなんだけど
その境遇は原作の主要人物である沢田慎のものを
一部取りいれていたんだなー。


そういえば、今回一緒に映画を観にいってくれた友人が
映画の竜の立ち位置について
「沢田慎みたい」って言ってたんだけど
アニメを見てなるほどなーって納得。

元々その要素はあったわけだ。


・・・なんてことを、ココロのスキマを埋めるように
ツラツラ考えたりしています。


頼りになりまっせー、某動画サイト(笑)。




スポンサーサイト
23:21  雑記 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/786-9a9dbab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。