どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.07.14
怒涛の生番宣
ブログエントリーをお留守にしている間に
映画が公開となりました。

先週金曜日は怒涛の生番宣、
過去にこういった形の番宣を
亀梨君は何度かやってきたけれども
朝のズームに始まり、夕刻のリアルタイムまで
全部録画出来たのは今回が初めてでした。

髪型どうやって出てくるのかな?少しは痩せてるかな?って
期待はしていたのですが

まさかあそこまで色を変えてくるとは!


見た瞬間、『うわーー、チャライチャライ』って
画面に向かって笑顔で騒いでましたから、ワタシ。


どちらかというと暗めな髪色がツボに入るタイプなので
チャライ髪型に慣れるまでは正直ちと時間がかかりましたが
頬のあたりが少し鋭くなった亀ちゃんは
細くなった眉といい、すごく竜っぽくなってました。


ツボだったのは「ミヤネ屋」で、
この番組だけは大阪のスタジオなので
当然現場にお邪魔するってことは出来なかったわけですが
強風吹き荒れる汐留での中継で
仲間さんが宮根さんからの問いかけに答えている横で
ごくせん神社の旗を押さえてるというグッジョブをこなしながら
茶髪が乱れまくっている姿に、『うわー!』

その姿は、まさに「竜」!でした。


番組自体も、「ミヤネ屋」が一番時間を割いててくれて
桐山くんとのやり取りもあって
楽しかったなー。


「中継」で、尚且つ「強風」というのが
見慣れたスタジオ風景よりも
新鮮に映ったってのも良かった。



そういえば、今回の髪型・髪色を見て
ふと、「原点回帰」って言葉が頭をよぎりました。(^.^)






スポンサーサイト

00:26  「ごくせん」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/772-2d6d6b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。