どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.10.07
ようやく購入~そしてバレる~
今更ながらですが、
「SIGNAL」の初回限定盤シングルと
「DREAM BOYS」のDVDを購入しました。

シングルの方は、amazonでしばらくの間
ユーズドしか販売していない日々が続いていたのですが
いつの間にか新品が扱われていたので
ちょっと迷った末の購入。
PVが入っていないのは残念ですが、メイキング映像が見られたので
良しという感じでしょうか。

メイキング映像を見ながら
亀梨君の衣装にほっそーいサスペンダー(いわゆる“ズボン吊り”)
が付いていたことに初めて気付いたという鈍すぎる自分。
実際、サスペンダーは腰のところに垂らしているのですが
あんなに細いのを逆に肩にかけてしまったら
くい込んでしまいそうだなとどうでも良いことを考えてしまったり。


メンバーといる時の亀梨君はちょっと大人ぶった感じで
静かに佇んでいるなという印象があります。
ふざけたり、遊んだりってところがあまり無く
逆にちょっかいを出されてしまったりして。
(しかし返しはいたってCOOL)


さて、値段が張る割にはリーフレットも特典映像も付いておらず
購買層にとっては全くありがたく出来ていない
「DREAM BOYS」。
(その為、購入するまでにものすごく迷った)
こちらは帝劇で行われた
いわばJ風ミュージカルといった感じの作品で
まだ途中までしか見てはいないのですが(笑)
主役が亀梨君ということもあって
彼の登場シーンはやたら多いです。
ソロで唄うシーンももちろんあるし、衣装も何着か変わります。
しかし、話自体は大して面白くもなく
気合を入れておかないと途中で猛烈な睡魔に襲われてしまいます。

正直、何度寝そうになったことか。

ワイヤーorロープアクションが
ところどころに取り入れられている為
2階席の近くまでひゅーんと飛び上がって行く
亀梨君が見られます。

ただ、帝劇というところは
結構大きな劇場なのだと思うのですが
このDVDを見ても彼の一番の魅力はやっぱり
あの表情だと思うので、
生で見た場合にどこまでそれが確認出来るのだろうかと
ちょっと考えてもしまいました。
(↑次回公演がもしもあった場合の
チケット取りを本気で考え始めているらしい)

ストーリーについてはさて置き(笑)
見どころは
亀梨vsすばるのボクシングシーンと
「SHOW TIME」の青春アミーゴソロバージョンの
前振りの部分でしょうか。

ボクシングシーンは、
2人の運動神経を生かした
素早いパンチングの応酬が綺麗で迫力があります。

ソロアミーゴの前振りは
髪をペッタリと撫で付け、詰襟の学生服の上着を着た亀梨君が
(下はアミーゴの衣装)
丸い黒ブチの瓶底メガネをかけ、本のページを捲りながら登場するのですが
見事なコケっぷりを披露し
お約束という感じでメガネを探しているところに
(このメガネを探している表情が目がキラキラとして美しかった・・)
刺客が現われるも
上着を脱ぎ、メガネを捨て、髪を結わき
華麗な刀捌きで刺客達を圧倒します。
途中で二刀流の技も披露しながらすばる君との対決を勝利で締めくくり
アミーゴのソロへと流れて行きます。

この一連のいわゆる「SHOW」が一番見ごたえがあるのではないかな。


ちなみに今回購入したシングルとDVDですが
夫のいない土曜日に到着するよう注文したにも関わらず
1日前に届いた為
しっかり夫にバレてしまうこととなりました。

あはは。


スポンサーサイト

14:25  CD&DVD comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/77-2ce3ecc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。