どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.06.09
しばらく引きずってましたが
和久井先生をしばらく引きずってましたが、
数字が出たらちょっと現実に引き戻されました。


あ、その前にちょっと「キズナ食堂」の話を



この番組に出るって知ったとき、

てっきり、木村さんと一緒に太田さん田中さんと
語り合う感じなのかな~?って勝手に思い込んでいたんですが



なんだか全然違ってましたね。


80年代に活躍された元アイドルの方々の
当時を振り返ってのトーク、
そこに登場した現代のアイドル。

なんか、傍観者というには
アイドルのその後を見せつけられているみたいな
非常に厳しいポジションにいて
俺も20年後は・・・的な恐怖も感じていたかどうかはわからないけど
なんだか複雑な表情で皆さんのトークを観覧されてましたが。


でも、さすがだなと思ったのが

取材とかで結構ウソをついていた・・当時はみたいなことを
元の方々がおっしゃっていた時

太田さんから「聞かれたら何でも答えるでしょ?」みたいな感じで
話を振られた時に

「何でもじゃないですけど・・・普通の人じゃ無いわけじゃないですか・・・
大きな嘘は絶対ダメだと思うけど・・・口を閉じることは必要だなと僕は思います。」

言葉を選びながらちゃんと自分の言葉で語る表情が
なんだかすごく大人びていたなあ。
自分の立場をちゃんと理解している
素敵な子だな・・って思いました。








さて、3話の視聴率が出ましたが

こういうことを言うと大変失礼かもしれませんが


話の内容やトリック等いろいろ総合的に考えて
1話2話の数字は正直、???って感じだったので
3話の数字が妥当じゃないかなーって私は思っています。


あと、「視聴率」というものを基準に考えるってことが
もはやナンセンスになっていますからね。


とにかく、和久井先生な亀ちゃんは
とても良かったのだから、

いろんな場で、もっともっと経験積めるといいですねー。







遅くなりましたが、拍手御礼です。


>6/6 13:11のKさん 

本番はどんな感想を抱かれたのでしょうか?(^.^)

そうですね、ここ最近は特に「キレイ」という形容詞がぴったりで。
ドラマは予告で見た時もそうでしたが、本編はよりいっそう
美しさをあちこちで醸し出していたと思います。
相武さんはカワイイ、亀ちゃんはキレイ
ポーカーフェイスがそれを一層引き立てていたと思います。



スポンサーサイト
20:52  「MR.BRAIN」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/754-8d41fce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。