どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.10.05
考えすぎだろうけど一抹の不安が
「ひと恋」の記者発表風景が情報番組等で流れていましたが
同時に主題歌もカツーンと正式発表されたようです。

作詞・作曲 小田和正


オフコースに大して思い入れは無い自分ですが
「YES NO」は好きです。

小田さんにも大して思い入れはありませんが、
「Oh! Yeah!」は好きです。
あと、年に1度クリスマス時期くらいにOAされる
他の人達の曲を歌うライブ番組も結構好きです。


カツーンと小田さんって
なんだかミスマッチみたいな感じがあるのですが
もしCD化されてリリースされるのなら
3曲目はバラードという
ある意味王道のようなコースを
このグループは歩むのだなあと思ったりして。

ただし、ちょっとだけ心配な点が。






ずいぶん前に、
北川脚本でTBSで放送された
「最後の恋」という中居君と常盤貴子主演のドラマがあったのですが
このドラマを始まる前からなぜか
結構期待して楽しみにしていたにも関わらず
実際の内容はちょっと肩透かしな感じで
途中から見なくなってしまったという
イマイチな思い出があり、
その主題歌がまさに小田さんだったわけです。

歌の方も期待していた割には・・って感じで。


局こそ違えど、
あまりにも境遇が似ているので
放送開始を前に一抹の不安を抱いています。

でも、記者会見で語った
亀梨君の力の入った言葉や彼が醸し出す雰囲気、
雑誌で読んだプロデューサー始めスタッフの意気込み等を見ていると
期待しても良いのかな・・という気持ちになります。

会見の時の雰囲気全体も
あの「サプリ」の時とは全く違っているように思えたし。

作品自体、時間をかけて準備してきたという感じが
スタッフ・キャストの言葉に滲み出ているようにも思えるので
やっぱり楽しみにしたいなとは思っています。

正直なところ、『ドキドキ』なのですが。


スポンサーサイト
13:38  「たったひとつの恋」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/74-c0da3a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。