どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.01.23
迫られる系・・というか
知りたくもないであろう
ワタクシ事の話から入りますが、
私は過去3回程、上り下りを間違えて
うっかり反対方向の電車に乗ったことがあります。
それも3度とも同じ駅で(山手線の某駅)。

んで、今日またそれをやってしまいました
今回は違う駅でしたけど。

用事があって、滅多に利用しない駅で降り
帰路に着く際に見事逆方向の電車に・・・
それも気付いたのは乗ってから3つ目の駅で、
降りたのは4つ目の駅。

あのまま気付かず乗ってたら、
高島平まで行ってしまうところでした。。。



さて、神の雫ですが
テンポの良かったというか良すぎた1話に比べると
2話は話のスピードがずいぶんと落ち着いていたように思えました。

雫とみやびちゃんとの絡み、
ワイン事業部でのやり取り、ロベールとの絡み、
一青との対決は、結構楽しく見ることが出来たのですが
記憶喪失エピソードの件は、
加藤あいさんの声のトーンの効果もあって
見るたびに(2回程リピート)、意識が遠のいてしまいます・・zzz

そして、「ムッシュ・ロベール!」で
意識を取り戻すという・・・(^^ゞ
私ってヒドイ。。


雫がみやびちゃんのことを
「柴野原さん・・」って呼ぶところが
好きです。
ああ、雫ってこういう人なんだなーって
象徴されているような。


あと、亀梨君って、
自分から押せ押せアプローチをするタイプを演じるよりも
相手に好かれまくるというか迫られるタイプを演じた方が
なんだかハマるというか
魅力が何割も増すようなそんな気がします。

竜と修二って、そういうタイプでしたよね。

愛されキャラ、でも本人には全く自覚が無い・・
そういう人物像がピタッとハマる。

今回の雫ぼっちゃまも、まさにソレです。







スポンサーサイト

00:49  「神の雫」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/666-e2dd756d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。