どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2009.01.06
笑顔
いよいよ来週からドラマのスタートということで、
雑誌はお祭り状態に入っております。

とあるマンガの単行本を買おうと
コミックス売り場に行ってみたら
「神の雫」がどどーんと平積み状態になっていました。
すっごい目を引いてしまう・・けど買わない(笑)。

「ガイド」に後ろ髪を引かれながら、
とりあえず「GYAO」を買いました。

まさにこれからデキャンタージュ入りますって時の
表情がいいです。
その隣の笑顔も。

記事には、撮影初日の様子が紹介されているのですが
監督が亀梨君に笑顔を要求する時の言葉が素敵なんです。

「もう10万人くらいファンを増やすつもりで」

いいなあ、これ。
この言葉に向けられた笑顔が、
どんな場面でどのように披露されるのか、
楽しみにしていましょう。


ところで原作者のブログで(天樹征丸さんの日記)、
ドラマエピソードが紹介されているのですが

ドラマ台本について、作者自ら打ち合わせをされているようで
そういえば、前に何かの雑誌で
原作には無いオリジナル脚本も登場する・・みたいなことが
紹介されていたと思うのですが、
原作者の方がここまで制作に絡んでくるって・・
なかなか無いことだと思うので
スタッフ共々、このドラマに関しては
相当気合いが入っているのではなかろうかと
思いました。


ところで、クランクインの前に
毘沙門天でお祓いをしたようなのですが、
毘沙門天・・と聞いて私が思いつくのは「神楽坂」なんですけど
どうなのかなあ?・・・
でも、あの界隈って確かにフレンチレストランが多いんですよね・・・





スポンサーサイト

01:44  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/653-73f9d202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。