どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.09.14
ナゼに、ロンドン?
ドラマ「カクレカラクリ」の主演が
J-WEBのNEWS期間限定コンテンツ
「我輩はシゲである」の作者だと知って
チラチラ~と見ていたのですが
さわりの部分を見逃したせいか
ちーっとも内容が頭に入ってこなくて
途中で断念しました。

面白かったのかな?
でも、このドラマでようやく
加藤君の顔を確認できました。

なかなかの男前ではないか
演技は・・・・・ガンバロウ!


さて、巷でこれまた評判だった
雑誌「FINEBOYS」。
いやあ、初めて買ったけど
男の子のファッションが満載で
それを見ているだけでも面白い。
自分の好きなファッションがどちらかというと
メンズ寄りなので
下手な女性雑誌よりも楽しめました。

この雑誌の専属モデルが
どっかで見た顔だなーと思っていたら
「野ブタ。」のタニ役の男の子でした。
この子って、モデルさんだったのかー
ちょっと意外。

さて、表紙も飾っている
亀梨君のファッションですが
ミリタリー風黒のジャケットの下に
白のリボンタイ付きシャツ、
ボトムが迷彩柄という組合わせが
なかなか面白いです。
亀梨君、リボンタイも似合っているではないか。
下を迷彩柄にしてあえて崩したところが良かったのでしょう。

ファー付きのコートにジーンズのファッションも
決っています。
ファーと言ってもカジュアルな感じの短めのコートなので
ラフな感じで着こなしています。
ジーンズの裾を折り上げて短めにしているところが
ポイントだと思います。
このショットはちょっと目元がお疲れ気味のようですが
しっかりメイクされているのか
目に力が入っているのか
表情もなかなか決っています。

表情で一番好きなのは
最後「1つボタンジャケット」のヤツ。
これって「SEDA」って雑誌でも
使われてましたが。

ところで、記事の中の5つの質問で
休みがもらえたら「ロンドンに言ってみたい。」とあるのですが
何かしら理由があるのかなーー?と。

同じヨーロッパでも
亀梨君だったらなんとなくイタリア!とかスペイン!って
答えをイメージするのですが
ロンドンというのは少し大人な感じがして
結構意外でした。



スポンサーサイト

00:00  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/63-0ea09126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。