どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.10.17
後半だけでしたが
昨夜のカツカツは
亀梨君、後半部分だけの出演でしたが
前半も含め、なかなか面白かったです。

私がマンガ好きってこともあるかもしれないけれど。
(ただし昨日紹介された作品は
内二つしか読んだことが無いケド)

リキマルさんといい、イトウさんといい
いやー、キャラの濃ゆいこと。
リキマルさんの七色の声にびっくらこき、
イトウさんの発言一つ一つに爆笑。

そして、たまねぎさんこと聖の巻き舌に惚れ惚れし
(やっぱ演技力ありますわな)
貫地谷さんに至っては
たまに「演技?」と錯覚するくらい
その姿がオフ会にハマっていたという。

イケテツさんの漫読も聞いてみたかった・・・

それにしても、終始アウェー感アリアリだったお二人
あの場に赤西さんと中丸さん(HN:鼻・・って)を持って来たのは
ある意味正解だったと思います。

「あたたたたー!」で遊ぶ2人に爆。
イトウさんとリキマルさんに引いていたというよりは
リスペクト気味に見つめていたような赤西さん。

それにしてもイトウさんって、
つつけばいろんなエピソードが飛び出してきそうだ。


後半戦は「スリルカジノ」
口までいっぱいに水の入ったコップに
500円玉を1枚ずつ入れて
水がこぼれた時点でアウトのゲーム。

1人最高3枚までというルールに
予想通り亀梨・赤西負けず嫌い2名は3枚ずつ入れようとする。
(他にも3枚ずつはいらっしゃいましたが、
どうしてもこの2人には注目)
一巡目は皆さんセーフでしたが、
2番手亀ちゃんの2枚目投入の際に赤西さんが言った

「ちょ、おまえ やめとけば」

が、なんかツボでした。

背後に立って同じ目線に近づけて
じーっと見ちゃったりしてるし
最近ではなかなか見られない2ショットというか。

あとは、たっちゃんの言葉に
3枚目を断念するゆっち。
本当は行きたそうだったんだけどね、
やっぱり上田さんの言葉は
魔力のように突き刺さるんでしょうかね(^.^)

貫地谷さんの度胸と技術に負けじと
2巡目2枚目を無謀にも挑戦した亀梨さんで
ゲームは終了。

聖にアホ呼ばわりされてしまいました。


でも、真剣な表情がアップで拝められて
私は満足。


そして、3行ラブレターを見る度に
私はあまのじゃくなんだなーと思ってしまふ。。。m(__)m




スポンサーサイト

00:36  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/563-4b3d0077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。