どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.08.30
そう!これなんです。
今月は珍しくアイドル誌をガツガツと買いました。
締めはポポロだったのですが、
このライブショットがもう私的にはすっごいツボで。

ソロショットを一人1ページ使った贅沢なものなのですが、
このQUEEN KAT-TUN号の外枠に
背をもたれて立っている亀梨君の姿がまさに
今年のQUEENコンで私が見た「彼」を象徴しているんです。

ドームで見た亀梨和也は、まさにこれだった・・・と
その時の感情が甦ってくるようなそんな1枚。

この時の彼は一体何を見ていたのだろう、
照明の関係なのか、少しうるんだように見えてしまうその瞳と
何かを語りたそうにしているようなその少し開いた唇。

うっすらと光る汗、近づきたくても近づけないような
高貴な雰囲気さえ醸し出しているその姿に
ああ、今年の私はあの場所で、あの席で魅了されていたんだなあと
そういう想いを振り返ることの出来る1枚です。


昨年のカートゥンコンでは、
届きたくても届かない
そこにいるのに近づかないその距離に
ジレンマを感じたのに
今年は、遠くてもあなたとのその距離が心地よい
と感じられるようになった自分の立ち位置の変化にも
影響があるのかもしれません。

いや、すっかり「M」体質になったってことか?自分。






スポンサーサイト

18:46  ライヴ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/539-e156c8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。