どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.08.06
終わったんですね
オーラスも無事終わったようです。
今日は雷雨に見舞われた生憎の天候でしたが
そういう日だからこそ、盛り上がるんだぞーと思いながら
仕事してました(^.^)
ああ、でも楽しい宴の後はやっぱり寂しいですね。
本当に終わっちゃったんですねー。


いやあしかし、仕事になりませんでしたよ今日は(^^ゞ


終始、脳内ではコンサート曲が流れっぱなし
TABOOにキプフェにLIPSにドンエバ・・・等々
ついにはTEN-Gのヤツらまでやって来る始末・・Ha~

PCの画面を見ているはずが、何も目に入っていないことに気づき
慌ててお仕事モードに切り替えるも、しばらくしてまたハッとなる
この繰り返しでした、今日は。


なので、
しばらくはまだライヴの感想を
しつこく綴ろうかなーと思っています。
突然飽きて尻切れになる可能性も大いに有りですが
そこはご勘弁を。

あと、他のブロガーさん達のエントリーとか
読んだ後だったりするので
感想がシンクロしたりするかもしれませんが
そのへんもご勘弁を。


あ、オーラスは山Pが来てたんですね。
亀ちゃん、さぞかし輝いていたんだろうな、ふふふふ。



ドームのスタンド席(特に上の方)は、ご存じのとおり
音が遅れたり、反響したりで聞き取りづらいことが多いのですが
3日に関してはあまりそれが気にならなかったんです。
「TABOO」の段階で、
『あれ?今日はやけに声が良く聞こえるゾ』と思ったくらいで
そこで既になんかワクワクするものがありました。


さて、もう既に記憶が曖昧なので(早っ)
メンバーそれぞれの感想をランダムに綴ります。


ゆっちは、オープニングのメガネ姿の時は
髪の毛がすごく伸びていて綺麗にまとまっているんですが
やっぱり汗かいたり(3日は雷雨もあったし)などの湿気が影響して
モニターを見てるとだんだん髪がうねってくるのがわかるんですね。
それを見ながら、なんか気の毒になったり
きっと自分の頭も(天パなので)ひどいことになってるんだろーなーって
現実に引き戻されたりしてました(笑)。

ボイパの時に、音を出す関係なのか
調子を取っているのか、単なるクセなのか
人差し指で時々鼻を触ることがあって、
それが私的にはなぜか萌え~でした(笑)。

昨年のドームで、ゆっちのボイパに感動して
今回も楽しみにしていたのですが
今年はすごく安定感が増していたように思えます。
昨年はまだ不安定な感じがあって、それが逆に味になっていたのだけれど
今回はなんか頼もしかったです。
あと、「SMACK」は初回盤で聴いた時からすごく好きな曲だったので
これを2日連続で聴けたことがすっごく嬉しかったです。
あ、あと、田中。のコントでの
ゆっちのちょこっと「SAD SONG」も良かった。
亀ちゃんが歌うのと違って、ぜんぜん切なくないの(笑)。


見て聴いて楽しむゆっちソロとは逆に、
上田君のソロは
双眼鏡で見なくてもいいやと思えるくらい(見たけど)
会場全体に世界観が沁み渡り
2日とも聴いてて泣きそうになりました。

花びら舞う照明が竜っちゃんの下から
会場に広がって、彼の声が響き渡っていく。
その空間に身をゆだねているのがとても心地良い
至福の一時でした。

そんな真面目な歌声で人を酔わせながらも、
左側の髪の毛がずっとキュートな跳ねをキープしているのだから
これまたスゴイ人。


竜っちゃんの歌い方と対照的なのが仁さんで、
「LOVE JUICE」って確かに彼にしか歌えないよなーと
唸ってしまうような曲で、でも私はどちらかというと
「care」や「ムラサキ」の方が好きなんだなーと思いながら
見てました m(__)m

でも、今回仁さんがピンバッジをズラズラってくっつけた
シマシマのヘアバンドをしている姿を見て
うわー、やっぱり私はこの人が額を出した顔の方が好きだなーと
改めて思ったり、
「CRAZY LOVE」を歌い終わって船が舞台に戻って行った後
最後まで一番手前に残っていた姿になんだかすごく嬉しくなったり。
ただ、「僕街」のアカペラは本当に静か~な中で
一度聞いてみたかったなあと、そこだけが残念だったですかねー。

続きはまた後日。

スポンサーサイト
01:55  ライヴ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/519-ce590f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。