どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.07.25
2人のバンジー
いやあ、面白かったです。
カツカツ中丸さんのバンジー
飛ぶか?!飛ばないか?!の一部始終。

それにしても、次のロケ地に向かうサロンバス内での
タレントの皆さんの楽しそうなSっぷり。
特に上田さんのドSっぷりは神レベル(?)。
先週のADだった頃とは手の平を返す程の
見事な変わりようで、嬉しそうにゆっちさんをいじっています。

ただ、ここで十八番の腹黒っぷりを見せたのは
中丸さんにバンジー話が出た時の田口さんで
(途中、赤西さんの耳打ちあり)

「やるの? やめる? やれる? やめる?」 の言い方には

見ている私がムカつきそうになったり(笑)。


結局、バンジーをやることになってしまった
中丸さんですが
50分以上皆さんをお待たせした挙句・・・・・

結局、飛ばず。


しかし、ビビって弱気になっている中丸さんって
なんて絵になるんだろう?
なんてドラマになるんだろう?

昔好きだったマンガにあった

「あれだけ弱さを突き通せるのも、一つの強さだわ」

って言葉を思い出しました。

飛ばないという意思表示のあの見事なバッテンが
目の奥に焼き付いています。


下で様子を見守っていた4人のTIME予想で

「ライブ前のあのビビり方を思ったら、絶対飛ばない」

と言った田中君、

そうなのか、ライブ前の中丸さんって、
そこまでナーバスになっているのか。


高いところが苦手だった亀梨君が
ドリボの稽古の時に
5分くらい怖くて飛ぶことが出来なかったというエピソードを披露。
とにかく、今回の亀ちゃんは
しっかりしていて優しくてとても頼もしい存在でした。
(気弱な兄貴をサポートするしっかり者の妹のよう)

中丸さんの代わりに飛んだ姿は
まるでモーゼを思わせるような美しいポーズ
メガネを外したお顔がとても綺麗で
ああ、カウント5秒でサラリとやってのけたように見せる
技術というか、あんな感じの亀梨君って最強だなと思いました。

でも、バンジーに臨む時に
ガムを噛んでいたから
それなりの緊張は感じていたんだろうなあ。


なんか、今回の仙台ロケは
楽しいKAT-TUNが沢山見られて
本当に大満足で、
やっぱり6人揃った図というのは
最強だということを改めて感じましたよ。


スポンサーサイト

00:31  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/507-14ae42a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。