どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.06.24
癒される山形弁と
今更ですが、先週のカツカツの感想をざっくり。

今回は山形県で「愛とは?」の答えを探す亀梨君。
それにしてもピンクのチェックが似合うなあ
そして、おばさんとのやり取りがスバラシイ。
団子屋のおばさんしかり、葡萄のおばさんしかり。

まさかの亀梨君登場に
エエッ?!ワー!と反応がかわいらしい中学生のグループは
どうやらバスケ部のようで。
その中にいらした中丸好きの「センパイ」と亀梨君とのやりとりが
なかなかよろしくて。(時折女の子同士にも見えてしまう)
「センパイ」、中丸君の「手がいい」らしい
まさか、手だけってことはないだろうけど。
中学生のしゃべる山形弁もとってもチャーミング、
映画「スウィングガールズ」を思い出します。
デートといえばSATYというのは
地方の学生ならではのご意見。

「センパイ」の妄想に、バタバタバタと足を踏みならす亀梨君は
センパイ以上に乙女かも。

手作りハムのお店のご夫妻とのやり取りも
楽しかったです。
ソロバンの正しい使い方・・もとい
ソロバンは人を打つ道具ではありません。


他の面々はというと・・・
聖くんとゲストさんのおバカゲームについてのやり取り。
ゲームをやらない私にはよく分からない部分もありましたが
2人の会話を聞いているだけで、結構可笑しかったです。
私も「KARATEKA」がツボでした。

中丸さんのリアクションはほぼ固定されたかも。
もう少し椅子の幅を広げてあげた方がよろしいのでは・・・

今回、本編では一度も登場しなかったたっちゃんが
予告で登場。
いきなり外へと飛び出して・・・いよいよマンツーマンでの
恋のお悩み相談ですか?


スポンサーサイト

00:23  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/491-f5ab0071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。