どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.06.22
レポを読みながら
カツカツの感想を・・・と言いながら
目先の楽しそうなことについつい目が行ってしまう自分の性格が
ここでも出てしまいます。

ライブ、すっごく良かったみたいですね。


「DISTANCE」はやっぱり毛色が違うから歌わないのか・・(笑)
なんて思いながら曲目リストを見ると
やっぱり「海賊」ってことを意識してか
ワイルドな感じの曲が中心になっているような気がします。
で、そんな中どうして「僕らの街で」が入ってるんだろう?と
ちょっと疑問に思っていたのですが
なんだか憎い構成になっているみたいですね。
ううう~この箇所に関してはあまり詳しい情報を入れないで
本番に臨むようにしたいかなあなんて思ったりして。

そして、伝説のグループが登場するんですと?

あと、ラストにはどの曲を持ってくるんだろう?って
とても気になっていたのですが
まさかの「Crazy Love」!
私、この曲がすごい好きで
ドラマ「1ポンドの福音」でこの曲を使えば良かったのに~
なんて思ってたくらいなのですが
これ歌ってくれるなんて素晴らし過ぎる!
それも「喜び」の後にこの曲だったなんて・・・うう、涙が出そうだワ本番では。


あ、あと続きの文はは独りよがりな思いなのですが・・







お出かけの予定が雨で中止になって
午前中、たまたま点けたTV番組を見ていたのですが
そこに元ジャイアンツ、元パイレーツの桑田選手
(引退されたから今は選手ではないのですが)
が出演されていて、昔の映像等を見ながら当時を振り返り
その時の心境、今の思いなどを語ってらしたのですが。
(実はワタクシ、桑田好きなんです)

桑田といえば、清原という名前が自然と出てくるわけなのですが
この2人の歴史を見ていたら
(本当にいろいろあったと思います、私達が知らないこともたくさん)
KAT-TUNのKAと重なる部分があるような気がしたんです。
昔は仲の良い2人の様子がメディアでも沢山見ることが出来たのに
今は・・・みたいなところがあって
それをもし戦略ということでやっているのなら
そのお手本的な存在がKKコンビなのでないか?って。

高校時代はチームメイトとして共に甲子園優勝を目指して戦った2人が
ドラフトという渦に巻き込まれ~みたいな図式は
マスコミにとっては格好のネタで、
それこそ世間の注目度は当時凄いものがあったわけだし。

ずっと仲良しで・・というよりは
ある日ある事件をきっかけに・・・みたいな感じの方が
一般の人達からの注目度は断然高くなるわけだし。

仲良しよりも距離があった方が
ライバル心が燃えてお互い成長も出来るのでは?という
考えももちろんあるでしょうが。

当の本人達は、複雑な思いを抱えながら
輝き続けなくてはいけないんだろうなと考えると
なんだか切ない気持ちにもなってしまいます。

でも、とにかく今は「楽」しんで!って感じですかね。
そうあって欲しいです。










スポンサーサイト
01:28  ライヴ comments(2) trackbacks(0)
comment
ozartoさん、こんにちは!怒涛のエントリー更新嬉しいです(*^^*)
ちょっと覗こうと思って立ち寄りましたが、
素通りできない濃~い内容にかなり今テンションがあがっています。

まず、まだ詳しいレポまで目を通せてなかったのですが、
ラスト「Crazy Love」だったんですか~!
実は私もあの曲大大大好きなんです!いいですよねぇ。
幾らかは可能性あるかなぁ、そうだと嬉しいなぁと思っていたのですが、
あまりこの曲好き~という声を耳にしていなかったもので、難しいかなと…。
あぁ、あの曲を生で聴けるのは嬉しすぎます。

そして、そして、野球界のKKコンビについてですが、
中学生のときに高校野球を欠かさず見ていた私にとって、
あのドラフト事件は本当に本当に胸を痛めた出来事でした。
ともに野球をしてきたお二人の間に確かに存在していた関係、
それぞれに求めていた夢やどうしても手にしたかったもの、
どちらが悪いということは全くなく、
そういったものが「ドラフト」というあの局面で、
どうしようもなくからまってこぶのようなものができてしまったのかなぁと
私はそんなふうな感じを持っています。
KAT-TUNに試練がやってきて、
KAのお二人のことを取りざたされる度に、
あぁ、このどうにもならない胸の痛みはKKコンビを見ていたときのようだなぁとよく思っていました。
でも、あまり人に話したことはなかったので、
今日ozartoさんの文章を目にして、本当に驚きました。

私にとって嬉しいことは、
桑田さんがドラフト後もご自分の信じた道を背筋を伸ばしてまっすぐ歩いてこられたことと、
清原さんが(私の独断ですが)傷ついたり一時はもしかしたら恨んだりしながらも実力を発揮され、
今は怪我で大変なときを迎えていると思いますが、
とても純粋な気持ちで野球に向かわれている姿を見せてくださっていること、
そして、KAT-TUNもいろんないろんな複雑な思いを抱えていながら、
ともに歩くことを再び選び、互いを認め合っていることは疑いようのないこと。
本当にどれもすごいことです。

あぁ、みなさん今この瞬間、笑顔でありますようにと改めて願ってやまない私です。
ozartoさん、なかなかお話しする機会のない貴重なお話をありがとうございました!
(毎回長くて本当にごめんなさい)
  • 2008.06.22
  • URL
  • [ 編集]
紺さん、こんばんはー。
広島のライブが終わりましたね。
いろんな方達のライブレポを読んでいると
とにかく今回のライブはメンバーみんなが本当に楽しそうで、
参加している方もテンションが上がってくるそんな感じのようです。

そうそう!ラストの曲は「Crazy Love」なんですって!
ホントいいですよね~あの曲
紺さんもお好きだと知って嬉しいです。
3rdアルバムを聴いた時
1stコンの「PRECIOUS ONE」、2ndコンの「うたいつづけるとき」
みたいな曲が入っていないので
ラストは一体何を持ってくるんだろう?と
気にはなっていたのですが
いやあ「Crazy Love」が来るとは予想外で
でも、ライブであの曲が聴けるんだと思うと
すごく嬉しいです。


そして・・・
KKコンビの話は絶対にスルーされるだろうなと思っていたので(笑)
紺さんのコメントがとても嬉しいです。
桑田選手が手術に踏み切って大リーグでの進退がささやかれ始めたくらいだったか、
再びKKコンビのことが番組で取り上げられるようになった時に
あれ?この2人の関係性って・・・もしかして似てる?・・・
ってふと思ったことがあって
先日の番組を見ながらその思いが再び甦ってきました。
そういえば、桑田選手がプロ入りして初勝利を飾ったのが
1986年、亀梨君が生まれた年なんですね。
努力型の桑田さんが亀ちゃんに重なったり、
天才型の清原さんが仁さんに重なったり、
自分の夢を叶えようとアメリカへ行き
自分の野球人生に悔いは無しと言う感じのいいお顔をされている桑田さんが、
今の仁さんとなんとなくリンクしたり
怪我などで苦しんでいるけれど
自分の信じた道をあきらめないで進んでいる清原さんに亀ちゃんを重ねたりと
私の中ではものすごく、きっと呆れられるくらいに
KAとKKを繋げています(笑)。

ああ、なんだかこういう話が出来てすごく嬉しかったです。
一人ひとりが笑顔でいられること、それが何よりですね!













  • 2008.06.23
  • URL
  • ozarto
  • [ 編集]
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/490-79a4b121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。