どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.06.01
どうぞ今宵のペースで
亀ラジ、うっかり最初の部分だけ聴き逃しました。
制服話だったんですね。
亀梨君の制服姿での演技がまたどこかで見たいものです。


前半部は「亀タメ」のコーナー(いつ出来たんだ?このコーナー名)。
亀梨君と同じ年齢の人達、ということで
「亀タメ」というらしいですが、このネーミングは結構好き。
例の「22歳度チェック」ではいろんな反響があったようですが
取り上げら得ていたのはやっぱりこの2点、
ご祝儀の金額と割り勘の金額。

そりゃそうだろ。

でも、リスナーからのメールを読んで
世間の相場がいろいろわかったみたいで、

「この企画いいね、成長できるね。」

と嬉しそうに言ってますから
また何かやって欲しいです。

そういえば、22歳(もしくは同じ学年)限定の方からのメールという
このコーナーですが
ちょっと視点を変えて、
「あなたが22歳の頃のエピソード」
みたいなものも募集するって、たまにはどうでしょ?

そうすれば、他の世代の人たちも(22より上の世代になりますが)
参加出来るし。。。ね

あ、そういえば
亀梨君と同じ年なんだけれど
既にお子さんがいらっしゃるというお電話の女性
声のトーンや話し方のせいか(それともやっぱり母親だからなのか)
年齢よりも落ち着いた雰囲気が感じられました。

お子さんがいるって、やっぱりスゴイですよね。
亀梨君がこの日言ってた
「ピンチなこととか本当に考えなくちゃならないことだったりとか
した方が成長できるよね」
これってやっぱりお子さんがいらっしゃる場合の方が
幾度となく遭遇してしまうことだと思うので
そういう意味で、子供のいない自分は
親という存在に特に最近、尊敬の念を抱くことが多いです。


ラジオの後半戦、KAT-TUNの亀梨和也であることを意識して
元気よくタイトルコールをする亀ちゃんがなんだかカワイイ。

この日は、前半にメール&お電話
後半がメールという構成でしたが
この日の雰囲気は結構好きでした。
メールを読んで「しっとり」してしまった亀ちゃんが
もっと「はっちゃけ」なきゃダメだね・・と言ってましたが
いやいや、「しっとり」亀ちゃん
私は好きです。

「はっちゃけ」もカワイイですけど、
「はっちゃけ」るんなら、とことんまではっちゃけて
「しっとり」の時は・・・・
とにかく、メリハリがあるといいかなー
って思います。


話はガラリと変わって、亀ちゃんとは全く別の話なのですが








昨日、友人と映画を見に行ったのですが
場所は、ららぽーと豊洲というところで
ちょっと前に話題になっていた「キッザニア」とかあるところで
全体としてはショッピングモールなわけなのですが
映画が終わってお店ををブラブラ物色し
さあそろそろ帰ろうかということで出口に向かっていたら
何やらスピーカーを設置している人たちと
その前で何かを待っている風な人たちがいる・・・
何かイベントでもあるのだろうか?と
近くにあった案内板を見てみたら

元男闘呼組の成田君のミニライブ&握手会があるのだと。

開始時間までまだ1時間ほど待たなければならなかったので
結局私たちは帰宅したのですが、
案内板に載っていた写真を見た私と友人が発した言葉は
「あまり(昔と)変わってないね~」

後で調べたら、今年で40になるみたいなのですが
写真を見た限りでは全然若くてカッコ良かったです。
先程公式ページをチェックしたら
今日も同じ場所でライブやるみたいです。音楽続けてるんだなと。


先月、亀ちゃんファンの方々との飲み会で
KAT-TUNが男闘呼組の「秋」という曲を歌っている過去の映像を
見せていただいたのですが
その時に、「KAT-TUNと男闘呼組の曲って合いますね」とか
「Jニーズにはあまり興味は無かったけれど、男闘呼組は好きだった」とか
そんな感じの話をしていたのですが
「男闘呼組の中では誰が好きだった?」という話になり
私を含めた3名が

「成田くん!」

と、答えたというあまりもの偶然にお互いビックリしたのですが

この連鎖がいまだにナゾなのです。

亀ちゃんと成田くんって何か繋がるものがあるのかなあ?


私は成田くんの歌う声や、演技や
少し生意気そうで、でも少し寂しげにも見える顔と
決しておしゃべりがあまり上手な方ではないところとかが
結構好きだったのですが。


あれ?これって
亀ちゃんにも何か通じる?


スポンサーサイト
15:11  RADIO comments(4) trackbacks(0)
comment
ozartoさん、こんにちは!
「22歳の頃のエピソード」いいですね~。大賛成です(*^^*)
思わず過去を思い起こして、ひどい22歳だったなぁと、
世の22歳は(あのお電話のお母さんも)凄いなぁと、
しみじみ感じております。
私も子どもがいないので、
子育てしている方々の体験というものに、
よく畏敬の念を抱きますよ~。

そうそう、成田くんのことですが!
私も飲み会の後に気になって、
ネットでいろいろ探していたら、
今も音楽活動をされているそうですね(*^^*)
きっとご自分のやりたい音楽を存分に出来ているのではないかな、と
応援したい気持ちでいっぱいになりました。
某サイトで改めて見た「男闘呼組」は、
アイドルらしからぬ生意気さととんがり具合が
とっても良いなぁと感じました。
私も成田くんの声と
生意気なんだけどどこか内向きな佇まいが好きでした。
この要素は確かに亀ちゃんの一部分ですよね。
亀梨くんにはめちゃくちゃ外向きなところもあるけれど、
あの内向きな面がなければこれほどは惹かれなかったような気がしています。
  • 2008.06.01
  • URL
  • [ 編集]
紺さん、こんばんは~。
22歳の頃のエピソードだったら、私もいろいろあるのですが
当時は本当に浮ついていて全然ダメでしたよー。
今の若い人達の方が将来をしっかり見据えていたり、
電話のお母さんみたいにちゃんと子供のことを考えて生活していたりして、ホント偉いなあと思います。
子育てってやっぱり凄いことですよね、だから自分の親のことも
それだけで尊敬に値するよなあとしみじみ感じます。

そして、成田くん!
やっぱりあれから気になってらっしゃいましたかー。
偶然にもこれからライブをやる!という場所に遭遇しまして
ものすごく後ろ髪を引かれたんですが、帰ってしまいました(T_T)
年齢的に、きっと昔からのファンなんだろうなあと思われる方達が
最前列をキープされてたのですが
過去の華やかなステージとは違うかもしれないけれど
きっと今の方が、好きなように音楽に携わっていられるのかもしれませんね。
紺さんのコメントを読んで、「あ、その手があったか!」と
某所に映像を見に行ってきました。
すごいなあ、ちゃんと残ってるんですね。
ホント生意気でとんがっていて、KAT-TUNとシンクロするところが結構あるような。。
高橋君の顔ってなんとなく聖に似てるなあ・・なんて(^.^)
今見ても、成田君てやっぱり独特の暗さみたいなものを
抱えていますよね。
亀ちゃんの方が全然外向きなんだけれども、
暗さが垣間見えるあたりちょっと似ているのかもしれません。
私も、亀ちゃんの内向きなところが結構気になるんです。
一時期その内向きなところが増大している感じがして、
見ていてとても切なかったです。







  • 2008.06.02
  • URL
  • ozarto
  • [ 編集]
こんにちは~
私の人生で一番テレビを見てない時が
ちょうど男闘呼組の頃だったようでほとんどわかりません。
残念。でももし知っていたら私も成田君だったのかな?

亀梨君のどういうところが内向きに感じるのか
説明はできないのですが、私も亀ちゃんを見ていると
切なさは感じます。
22才とは思えないくらいかわいかったり、人懐っこかったり、
負けず嫌いだったり、悟りを開いてたりするのに・・・・?
暗さを表現できる人ですよね。
役者にもむいているんでしょうね~

私もぜひドラマで制服着てほしいです。
  • 2008.06.02
  • URL
  • youko
  • [ 編集]
youkoさん、こんばんは~。
「人生で一番TVを見なかった時期」・・・
あ、そうか
確かにそういう時期ってありますよね。
もし知っていたら、youkoさんも成田君だったのかな?
可能性は大かもしれませんよ。

亀ちゃんって、ホント
見ている側をも切なくさせる何かを持ってますね。
彼の「悟り」には、私も何度かひれ伏したくなるような
(あなたに憑いて行きます~的な・・字が違いますが・・)
そんな感情を味わったことがあります。
とにかくいろんな表情を持っている人なので
やっぱり役者に向いているのではないのかなあ。
彼の人懐っこさも強力な武器ですよね。

制服は、またぜひどこかで
着てほしいですよね。
出来れば学ランをね(^^)






  • 2008.06.02
  • URL
  • ozarto
  • [ 編集]
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/477-61f6e95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。