どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.04.13
わかりやすい人
昼間、「銀幕版 スシ王子」の番宣をやっていたのですが
香港で食べ歩きをする中丸さんの様子が
予想以上に、面白く
同行の松居一代さんに時々押され気味になりながらも
いやはやなかなか負けてませんでしたよ。
(めげずに『中丸 二重丸』を連発するし)


香港で営業されているお寿司屋さんを何軒か訪れ、
他に飲茶などの地元で評判の店等も何軒か訪れていましたが
中丸さんが『美味しいもの』を食べた時の反応が
見ていてとてもわかりやすく
特にスシ・キングの店における反応は
目の輝きが全然違っておりました。

あと、亀ゼリーを食べた時の反応も
一瞬で、『ああ、マズいんだな』ってわかったし(笑)。

でも、彼の食べ方って綺麗だし
基本的に美味しそうに食べるので
レポーターとしては合格なのかも。

風水師の方に、将来のことを占ってもらってましたが
今の仕事、44歳までは大丈夫とのこと。

じゃあ、それ以降は?と当然疑問を投げかける中丸さん。

自分で店を開くと上手くいく、ということで
じゃあ『寿司屋だな~』なんて調子良く言っていたら、

「飲食店はNG」

と言われ、あららららな状態に。


浅草キッドのお二人とのやり取りも
なかなかいい雰囲気で、

「河太郎と○太郎」と無理矢理くっつけられる始末。


ところで、銀幕版の河太郎さんが
泣き叫ぶ司さんに抱えられているシーンが流れていましたが
あれって・・・・?








スポンサーサイト

23:10  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/440-903e136d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。