FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.08.22
「サプリ」第7話
24時間の番宣があったことなぞ、露知らず
昼間の番組は「サプリ」の番宣と
「金八」最終回の2番組を録画しました。

「サプリ」の番宣は
ダイジェストオンリーだったら消去しよう!と思い
早送りしながらチェックしたのですが、
少しだけロケの様子と亀梨君のインタビューが入っているという
ズルイ作り。

ちぇ、消せなくなったではないか。

でも、第7話のワイナリーロケが
山梨県勝沼で行われたものだと知り、ちょっと嬉しい気持ちでした。

山梨は夫の故郷。
里帰りの際は勝沼インターで降りて
葡萄畑を抜け、
そこからまたちょっと離れた実家の方へと上って行くのです。

あの地に亀梨君もいたんだなーと思うと
何やら感慨深いものがあります。


さて、急展開!と言われていた
第7話ですが・・・








問題のキスシーン、
これからって時に「引き」の映像になっちゃって
なにやら消化不良状態。

それにしても、亀梨君初のキスシーンだというのに
全くトキメキというものがなかったなあ。

「野ブタ。」で信子が修二を後ろから抱きしめたシーンでは
なんだかドキドキしてしまったし、
彰が「野ブタを俺だけのものにしたい。~」のセリフには
ハートを鷲掴みされるような衝撃があったのに。

「野ブタ。」と違って
男女の(ベタな)恋愛模様を描いているはずの「サプリ」なのに
どうしてこうもトキメクことが出来ないのだろう。

今回の話はかなり流し視聴になってしまったこともあって、
勇也が突然、ワイナリーのお掃除やお手伝いをやり始めるのを見て
『どうしてあなたは突然夜更けに、そんなことをやり始めたのか?!』
と、トンチンカンなツッコミを入れてしまいました。

あー、なるほど
3万円のワインを手に入れるためのアルバイトでしたか。


ツボだったのは、盗聴する今岡親子と
どの場面だったか忘れてしまったのですが
ものすごく「石田勇也」に見えた
亀梨君の力の入った演技でした。

「金八」最終回は未見なのですが
ソーラン節のところだけチラッとチェックしたところ、
正面映しの明彦君の表情がとても凛々しゅうございました。






スポンサーサイト
00:59  「サプリ」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/43-36cb1deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。