どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.03.16
思った以上に
世間の評判があまりに良かったので
中身のチェックもせずに、ザ・テレビジョンを購入しました。
(普通なら立ち読みして吟味)

確かにこれはいいです。

「亀パンチ」連載最終回ということで
一挙3ページ!
帝劇の客席に座る亀梨君は、髪の毛にメッシュが入り
耕作の面影はどこにも無い。
その姿は「カズヤ」。

最終回のテーマは、「舞台のこと」。
楽屋を自分の家みたいにするために、
ラグや時計などを家から持ってくるそうで
あと、楽屋用のバスローブは「友情とボクシング」というテーマで
作成していたようです。
(今はもう完成して着用しているのかな?)

バスローブ、どんなデザインなのか見てみたいです。
今回はJ-WEB上でドリボメッセージのコーナーを設けていないので
カツマニュで紹介してくれないかな?


隣のページには、メンバーに「パンチされた(やられた~)」と
思ったことが掲げられていました。

田中君と中丸君については、2人とも「誕生日のプレゼント」。
よっぽど嬉しかったんでしょう。
中丸君が亀梨君とおそろいで買ったというプレゼントが
「くすぐりエルモ」?と巷ではもっぱらの噂でしたが
まさにその通りだったようですね。
ファンの皆さんの推理力に脱帽。

赤西君のところだけ、名前を呼んでいないのが
なんだか『らしい』感じがするな。


そして最後の蔵出しショット!
私はこの連載中、結局3回程しかテレビジョンを購入していなかったので
この蔵出しは結構貴重でした。
トレンチコート姿で雪だるさんにチュッのショットがカワイイのなんのって。
ケーキのやつを立ち読みであきらめたのは、
あまりの可愛さに中てられてつい戻しちゃったってのが
本当のところです(笑)。

今まで演じて一番遠かったのが「サプリ」の勇也で、
一番近いのが「野ブタ。」の修二というのは
なんかわかる気がします。
でも、修二のあの性格っていうのは
結構多くの人達が当時共感をおぼえていたのではないかな?

そして、今の時点で一番魅力的だった役は
やっぱり耕作じゃないかと私は思います。


KAT-TUNの連載も今回は2ページ。
NGワード王赤西様のカットされた発言の数々を
聞いてみたいもんです。











スポンサーサイト

21:50  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/420-c3c6b28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。