どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.03.09
終わったんだ
あの、耕作の、「シースターっ!!」って声が
もうオンタイムでは聞けないのかと思うと
とても寂しいというのが
今の正直な気持ち。。。

やっぱり発売されたら買いたいですね、DVD。
全話ディレクターズカット版で収録していただきたいものです。


全9話は正直短いなーと思ったけれど、
最終回を前話(第8話)以上に面白く鑑賞出来たのは
9話で構成されたドラマだからかな?とも思いました。

いや実を言うと私は、子供のころから母親に
『ドラマはね、最終回は意外とつまらないものなのよ。』
と言われ続けていたので
ドラマというのは、最終回の前が一番盛り上がる・・
という認識でいたものですから。。。

ところが昨日の1ポンドは、2話以降では
一番面白かったんじゃない?って感じるくらい
あの短い放送時間をフルに活用してまとめられていました。

アンジェラがいなければ、チャンピオンになっても意味がない・・
公園で会った子供達にあっさりとチャンピオンベルトを上げてしまう耕作は
普通なら「え~~!!ありえない!」ってことになるのですが
今まで見せられてきた彼のキャラからするととても納得の行動だし
チャンピオンである意味を子供達の姿から理解するところも
とても耕作らしいし。

彼なりに考えて出した結論が
「チャンピオンでい続けて、シスターを待つ」ということで
この言葉を聞いた時は、
わーなるほどそう来ましたかーという感じで
これまでなかなか成長できない耕作を見てきた側としては
よくぞここまで育ってくれた・・・と嬉しくなるような
そんな感情が沸き起こってきました。

亀梨君が、そんな耕作をホント魅力的に演じてくれたなーと
思います。

耕作の試合会場に現れ
シスターを辞めたことを伝えるアンジェラがとても可愛くて
耕作ここで抱きしめるのかーと思いきや
最後までそういうシーンはこの2人の間では描かれなかったですね。

でも、それがかえってこの2人の関係を
とてもファンタジックに感じることが出来て、素敵だったと思います。

シスターの本名(原作では確か“麻利絵”)も結局は出てきませんでしたが、
確かにあの耕作が「麻利絵」と呼ぶ姿はなんだか想像できなかったので
あれで良かったんじゃないかなーと思います。


(尻切れですが・・とりあえずここで一旦アップします)











スポンサーサイト

19:28  「1ポンドの福音」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/414-bdadb676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。