FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

2008.01.13
あっという間の1時間
熱は下がったのですが、喉の痛みが全く取れず
変声期ばりに声が嗄れております。

薬が合わないのかな?
病院、変えようかな・・・


そんな体調の中で見ました「1ポンドの福音」でしたが
いやあ、のどの痛みを忘れるくらい

面白かった!

初回拡大で1時間ちょい(正味はもうすこし短いでしょうが)が
あっという間に感じられたなんて、
亀梨君主演のドラマでは、ホント久々・・・

開始早々、夫の「こんな眉毛のボクサーなんていないだろ。」
発言には目を瞑りました。
(いや、最近はお洒落な方も増えているでしょうから、いるカモよー)

番宣の時から感じてはいたのですが、
耕作って・・・・カワイイ。
原作を読んでいないので、「ハチクロ」みたいな思い入れもないので
素直にドラマ自体を楽しめることが出来たってことも
見る側にとってはプラスとなったのでしょうが
脚本もわかりやすくメリハリがあって、
演出もアナログな感じで進められているなと思ったら(冒頭のたこやきスロモシーンとか)
ごくごく偶にデジタルな部分があったりして(石段でボールを避けるシーン)
ドラマの舞台が主に
ボクシングジム、教会、試合会場、三品食堂
となっているので、全体的に懐かしい雰囲気の漂うドラマだなと思いました。


亀梨君は、ホント耕作になりきって頑張っているし
メイサさんも、世間知らずなシスター役が意外ととても似合っているし
(彼女には現実放れした役柄が似合いますね)
脇に関してはもう言うことなし!
江口のりこさんの厳しいシスターと
ここでも独特のワールド全開!という感じのもたいさんの修道院長との対比も
とてもいい感じです。

小林さんと光石さんのコンビも良いですね。(映画「めがね」でも共演してた)
小さい頃、小林さんに助けられていた少年が光石さんという
設定みたいで。
光石さんの役って「三鷹」って名前なんですかー、
高橋作品における「三鷹」さんて、片思いのポジションなんですかね。

耕作のジム仲間って偶然なのか、
4人中3人は亀梨君と共演経験のある役者さんだなあと。
それにしても、この4人についても上手く配役されていて
なかなか個性があって面白かったです。

そして、鬼丸さんのエピソードも後半部分をキリリと締めてくれて
引き際&世代交代&その後の人生ってものをふと考えさせてくれるような
いい感じのお話で。
アニキンダー、映っていたんですかね?うっかり見逃してしまったのですが。
鬼丸vs耕作の試合のシーンで、
『どう考えたって、2人の階級は・・・』と突っ込んだことには
触れないでおきましょう。

次回予告も、焼きそばを口からダラリの耕作が
もうチャーミング過ぎて、今からものすごく期待してしまいます。

ちなみに、第一話で私が一番ツボだったのは、

最初の軽量でオーバー→荷物を抱えダッシュで飛び出し
→サウナルームで体を絞る耕作

のシーン。
その後、結局減量に失敗し(1ポンドオーバーに泣く)
向田会長が相手側に謝罪する場面へと続くのですが、
この辺りに、プロ(大人)の世界の厳しさを感じて
なかなかいい場面だなと思いました。

※先日の番宣で「1ポンド」=何グラム?を勘違いして覚えていた亀梨さんでしたが、
こんな重要なシーンで「1ポンド=453g」が使われていたのに・・・


ところで、新曲「LIPS」ですが
正直、「青春アミーゴ」や「宙船」張りに
ドラマを盛りたててくれる曲か?と言われると
今のところ、かなり疑問がある楽曲だと思います。
エンディングと予告に被せて来たのは
ある意味、正解かも。

ただ、曲単体で聴くと
私は好きです。
ドラマの後に放映された特番で
初めてフルで聴いたのですが、
サビのところが結構印象に残りますね。

ラジオで流れた時点で、すいぶん賛否があったみたいだけれども
私はこういうノリの曲は嫌いでないので
違和感はまるで無かったです。

でも、メンバーの声が音に負けている部分があるので
そこをクリアすれば、もっと聴きやすくなるのでなないかな。
とにかくこの曲って難しそう。

ただしこの曲、自己演出の上手い亀梨さん&赤西さんの魅力は
アピール出来るけれど、振りが無い分
他の4人のパフォーマンスをどう演出するかが
これからの課題?って感じがしたのですが
振付が無いって、逆に難しそう。

「Keep the faith」でKAT-TUNって本来こういうグループだったんだよ、
ってことを改めて公にアピールして
「LIPS」で原点回帰+α&パワーアップ
ってところを狙っている感もあるんだけど、
万人受けは難しくても、好きな人は好きな曲ではないかな~と
思います。

今までのシングル曲の中では、一番色っぽいしね。







スポンサーサイト




11:20  「1ポンドの福音」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/379-e0c122c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)