どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2008.01.01
新年でやっと
年が明けました。2008年。
昨年は寝ても覚めてもカツン、カツンで
あっという間に1年が過ぎ去ったという感じでしたが、
ことしはもっと1年が加速しそうです。

なので、勢いで終わった昨年よりは、
じっくりと考えながら行動したいかな、今年は。


さて、カウントダウンコンサートですが
昨年初めてこの番組を見た時は
5人で寂しそうだったKAT-TUNが、今年は6人っていうだけで
なんか嬉しかったです。
でも、このコンサートって見終わった後に
やっぱりなんか、フラストレーションが溜まるのですよ。
KAT-TUNってなんか、他のグループの人達と
わちゃわちゃ戯れるところがないせいかな?
ま、先輩達に対しての遠慮があるのかもしれないけれど。

ただ、コンサート自体の構成は
昨年よりも楽しめる感じになっていました。
ここ10年間のジャニーズ曲メドレーのコーナーでは
違うメンバー同士で歌ったりする場面もあって、
これはなかなか楽しめました。

kinkiの「カナシミブルー」って、結構好きな曲なのですが
これを亀梨君とマツジュンのコンビで歌ってくれたのは
すごい嬉しかったです。
(奇しくも「ごくせん」1と2のメインキャラコンビではないですか)
ただ、グイグイアピール気味のマツジュンに比べると
亀梨君は若干大人しめだったかな・・
(それでも、最後はちゃんとカメラに流し目送ってましたが)

あと、「ひとりぼっちのハブラシ」の
長瀬君の歌声の後に突然入ってきた赤西様の歌声が
なんかとてもきれいで、いい感じでした。

あ、赤西様って「ねずみ年」なんですね。
なんか、すごく、らしいな、って思いました。
(ってことは、T-Tコンビは、うっしっしコンビなわけで
いのしし以降、カツンは毎年年男がいるってわけなんですね)


「アミーゴ」は出来れば
最後まで二人だけで歌ってほしかったな~、なんて。

「REAL FACE」の三人舌打は良かったですけどね。



でも、なんだかんだで結局一番嬉しかったのは、
ケンタのCMが初めて見られたこと!

噂どおり、いい感じのCMでした。
大人っぽい雰囲気で登場した亀梨君だけど、
チキンに齧りつく時の口元や
ふわーって目を閉じて微笑んだ時の表情が
すっごく子供っぽくて、
なんだか一つ一つの表情のあまりのギャップというか豊かさに
メロメロになってしまうような見事なCMでした。

何度も繰り返して見たくなるような、とても魅力に溢れたCM
おまけにチキンも美味しそうだし。
今度、買いに行ってみようかな、粗挽き黒胡椒。

あ、「GALAC」は大晦日に届きました。
感想はまた後日。











スポンサーサイト

02:44  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/372-2dcffeca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。