どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.12.31
再放送
「ごくせん」第一シリーズの再放送をやっているので
掃除の合間にチラホラ見たりしているのですが、
これがなかなか面白くて、掃除の捗らないこと。。ほほ。

それにしても、このドラマって今をトキメク・・・って人たちが
あちらこちらに出ているので、それを見てるのもなかなか面白いです。
生徒役でマツケン(サンバじゃなくてLの方ね)が出ていたり、
少女時代のヤンクミが大後寿々花だったり
しかし何と言っても沢田慎役のマツジュンの存在感がスゴイなと思います。
美しさと賢さと強さを併せ持ちながらも、孤独と怒りを抱える少年。
第2シリーズの小田切竜と被る部分もあるけれど、
父親の権力に抑えつけられ籠の鳥状態だった竜と違って、
一人家を出て、権力に逆らい続けていた慎は
瞳の奥に常に怒りを抱き続けていたように見えました。


慎を取り巻く生徒として、小栗君や成宮君が出演しており
今となれば贅沢なキャスティングなんですねえ
ホント。

しかし、第1シリーズを見ていると
やっぱり第2シリーズもまた見たくなります。
実は第2シリーズ、全話をちゃんと見ているわけではないので
第3シリーズが始まる寸前にでも、又再放送をやって欲しいな。
年明けは野ブタ。の再放送をやるみたいで
DVD持っているとはいえ、こっちも見たいなあなんて
思ったりしています。


ところで、「ごくせん」の亀梨君と
「野ブタ。」の亀梨君って、印象がまるで違っていたけれど、
今度の「1ポンドの福音」の亀梨君も、予告で見る限りでは
これまたまったく印象が違っていて、
本当に顔と雰囲気がその時その時でガラリと変わっちゃう人なんだなあと
「ごくせん」再放送の合間にバシバシ流れていた予告を見ながら
しみじみと感じました。

早く見たいですねえ、新ドラマ。


スポンサーサイト

01:28  ドラマ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/371-4bee1cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。