どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.11.17
舞い降りたのは天使?それとも、神?
もー、大変でした、Mステ。

どれだけリフレインしたことでしょうか?
テープを巻き戻しては、再生
巻き戻しては、再生状態が止まりません。

新曲「Keep the faith」、
ヒムロックがカツーンの6人にあんだけハマるとは!
正直嬉しい誤算でした。
デビュー後から、これまでの間
ミョーに気になっていた6人の間に流れている戸惑い的な違和感が
全部払拭されたようなノリノリのナンバーでした。

イントロの「♪デンデンデーン ハッ」(by ゆっち)での
メンバーの片足上げが、重厚な音と相反する可愛らしさで
眩暈がしそうです。

まずは赤西さんのソロから始まり、
うわー!口パクじゃなくて、生歌ダー! と喜んでいたら
やってくれましたね、亀梨サン。

「『信じること』 口で言えても傷つくから(正)」→「口にするのは寂しいから(誤)」

間違えたなりに、よくぞ歌詞を作ったなーと感心しましたが
もしかして、彼の心の底にはこういう気持ちがあったとか?

バツが悪そうに微笑む姿や、赤西さんの笑顔に
こちらの気持ちもすっかりほぐれました。

しかし、今回の新曲披露で当初一番目を引いたのは
正直言うと、田中君です。
カメラがアップを捉えた時の、決め顔ウィンクや
間奏でなぜか頭上から映されていた時の動き、
デビュー後リリースされた5曲の中で
一番カッコ良くてしっくりきてるんじゃないかと思ったRAP、
最後のサビの盛り上がるところで、床を踏み鳴らすパフォーマンス。

どれもが、曲の雰囲気を捉えた見事なパフォーマンスだったと思います。
今の髪型はとても似合っていて、セクシーだし。

そして、そんな田中君に負けじとワイルドさを振りまいていた
グランもとい田口君も良かった。
昨日もカラコンしたいたのかな?ワイルドに決めた表情に
紫色に光る瞳がとても素敵で、グランマニエと同じ人とは思えないくらい(笑)。

2番の出だしのソロに中丸君を持ってきたのは正解ですね。
彼の甘めの声がとても新鮮で(本人緊張しまくりでしたが)
ここの部分で、『おお!』と思った人は多いんじゃないかな?

上田君の緊張感もすごく伝わってきたし、
(やっぱり本番前にちゃんと練習するべきだったんだよ、ゆっち!~by J-WEB)
なんかもう、最初から最後まで目が彼ら6人に釘付けでした。

でも結局は、全て亀梨ミラクルに持っていかれたんですが・・・・(笑)

赤西君もとても気持ちを入れて歌っているように見えて、
すごく嬉しかったです。
彼って、周りの評価云々より、
自分がやりたいようにやれている方が輝くタイプなのではないのかな?
と思いました。(そして亀梨君は逆のタイプかな?と)

6人がそれぞれ、アップで抜かれた瞬間の表情を見た時
自分を演出することにおいて、彼らはすごく成長したんだなあと
感じました。
決め顔が安定してきましたね。

デビューから1年半以上かかったけれども(でもその期間は無駄ではなかった)
ようやく彼ららしく走り始めたんじゃないかなと思います。








スポンサーサイト

23:35  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/343-e30cbe95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。