どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.10.23
チャンプ役への思い
少クラプレミアムのステージレポ、
枠はきっと短いんだろーなーと思っていたら、やっぱり短かった・・

話は違いますが、手越君のトーク、面白かったです。
特にニュース結成時のとまどいとか。

話はドリボレポに戻りますが、
屋良君のダンスは、指先まで神経が行き届いて
いい感じだな、と改めて思いました。

インタビューは、あえて亀&聖組と屋良君とに分けて。
これが逆に押さえた雰囲気を醸し出していて
なかなか良かったです。

印象的だったのは、聖君が「すばる君のチャンプ」を意識してしまう
気持ちがあったらしいということ。
いやあ、あの公演を観ていて
すばる君のことが一時も甦ることがなかった私としては
とても意外なことでした。
「FIGHT MAN」も最初は歌う予定では無かったと言うし、
ホント、「へぇー」と言う感じで驚きでした。

私としては、今回の聖君の方が
チャンプとしての貫禄があったんじゃないかと思っています。

すばる君はカリスマ的な存在感は感じたけれど、
リアリティーは聖君の方により感じたかなと。

ま、前のドリボはDVDで見ただけなので
2つの作品を比べるのは難しいのですが。

そういえば、一緒に番組を見ていたオットが
亀梨君の顔を見て

「なんか、むくんでるな」と、コラーな一言。


帽子のせいよ、帽子の。






スポンサーサイト

01:04  舞台 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/326-9481f245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。