FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.10.15
ナチュラルな彼
「おしゃれイズム」を見ました。

赤西君って人は、ホントにナチュラルで
それでももちろん言葉を選びながら話してはいたのだろうけど、
そこらへんの若い兄ちゃんがしゃべっている感じというか
等身大の自分をそのまま出しているところに
好感が持てました。

亀梨君との違いをそういうところに感じます。
亀梨君の場合は、無作法があっちゃいけないとか
アイドルとしての自分を崩してはいけないと意識するあまり
本音の部分を包み込んでしまうところがあるような気がするから。

赤西さんが、本音をさらけだしていた
というわけでは決してないのですが、
(そうそう本音は公の電波ではぶっちゃけられんわな)
今回、部屋の写真や「鎖骨が弱点」ってところみたいに
こんなところが見られるなんて・・的なことが
2、3あったってことがそう感じさせる要因となったのかもしれません。

ただ、放送を見ていてどうしても気になった事が一つだけあって
これは彼だけでは無く
TVに出ている若い方々に
結構共通して感じてしまうことなのですが、

自分のお母上のことを他人に語る時は

「お母さん」でなく、「母」と呼ぼうよ。


小4の時に担任の女教師から
このことを厳しく教えられた私は
こういうことがものすごーく気になってしまうんです。

あ、話がそれてしまった。







スポンサーサイト

00:31  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/318-cd5101a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。