FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.08.03
見直してみると
噂にはなっていたけれど、雑誌テレビジョンで見た
赤西様の新しいヘアースタイルが(短くなっている)
すごく似合っていていいなと思いました。

ダイエットの効果なのか、顔もシャープになっていて
何年か前のキラキラしていた頃(!)の彼を
彷彿させる感じがしました。

その調子だ!赤西君。


カツカツ#18を見直してみると
初見の時とだいぶ印象が変わってまいります。

テンションが低っ!と思ったのも
同年代で気負う必要が無い女の子相手だと
彼らの会話が素に近いような気がして
そういう視点で見るとなかなか楽しかったり。

ツボったのは、

・テンションの低いリアクションまでもがシンメな、亀梨&赤西

・膝を叩きたくなるような赤西様の一言一言
(ギャル曾根さんの写真に「大トロッ!」、「夜中に蹴らない?」
「オーストラリアンフォーメーション」等)

・ガリを食らう赤西アーンド上田

・卓球でのノープランを亀に非難される中丸

・そんな中丸と阿吽の呼吸の亀

・姑息な上田、その動きに「神」が降臨していた赤西

・仲悪芝居が妙に上手い田-田コンビ


ところで、脳内メーカーの自分のを見て
「バランスが取れている」と言った亀梨君の発言が
すごくいいなと思いました。

そういえば、「相性メーカー」ってのもあるみたいで
上・中ペア、亀梨君対5人のそれぞれを試してみたのですが
面白かったのが

仁亀ペアとドリボペア(『ローズマリー』ともいふ?)。

仁亀は2人とも周囲を「友」が囲んでおり
その内部に

亀→「怒」 仁→「好」

の文字が。


対してドリボペアは一つの文字が脳内全てを占めており。

亀→「気」 聖→「友」

なんかすごくドンピシャなような気がしたのですが

どうですかね?






スポンサーサイト

00:55  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/260-7aff3f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。