FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.08.01
マカマルさん
月刊TVナビに連載されているR-Oneの記事には
毎回必ず笑いのツボにヒットする内容のものがあって、
今回一番ウケたのが、
先月号の記事で一部「KAT-TUNの」見出しが「KAT-TUM」、
つまり「N」が「M」になっていたことに対する二人の反応でした。

確かに先月号を見直してみると「M」になっている箇所がある!

記者の方がそのことについて
「申し訳ありませんでした」と謝罪すると

ゆっちさんが
「俺がいねーーーーー!!上田~~俺がいないよ~!」
と叫ぶのですが、

大人な上田さんは
「仕方ないですよ。人間、誰にでも間違いはありますからね。」
と優しくフォロー。

その言葉になごんだのか、ゆっちさんも
「ですね。大丈夫ですよ! 
俺、『マカマルさん』って言われたことありますから。」

年長組2人の、穏やかな会話に
記者さんも胸を撫で下ろしたようで、
読んでいる側もすっかり和んでしまいました。


それにしても、

『マカマル』っていうのは・・・さすがにちょっと不憫かも。



スポンサーサイト

01:08  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/258-0141bbab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。