どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.07.23
#16
先週のカツカツ、
物足りなさを感じたのは
やっぱり亀梨君のテンションが全体的に低かったから?

あちこちでそういう声を目にしたので
どうもそれが原因でしょう。

それにしても、ゲストの松下さんに対する
厳しい声もチラホラ見受けました。

私はそれほど気にならなかったんだけど、
意外に声の低い人なんだなーとか、
中丸君に「赤西君と同学年」と言われた時の赤西君の無反応っぷりと
スクロールが止められなかった
「通販商品」について中丸君と話が盛り上がりかかる度に
赤西君と亀梨君にスクロールを止められて話が途切れてしまったあたりが
ちょいとばかり気になりました。
(話すんだったら、止めて話せよ!的2人のアピールに思えて)

綺麗で大人なお姉さん好きの中丸君と
それ以外のメンバーのテンションが微妙に食い違ったのかな?と
思いきや
酢大豆を思いっきり「マズイ」と評した中丸君のストレートっぷりも
なかなか大胆と言うか。

あとウケたのが
自分の短所→「人の話を聞いてそうで聞いていない」という回答に
「今も聞いていないんですか?」と鋭いツッコミを入れる亀梨君と
(テンション低かったけど、押さえるところは押さえていた仕事人っぷり)
口グセ→「なるほどねぇ~」に対して
「これが出る時って話を聞いていないんですよね」と
それはもしやあなたのこと?と見ていた人が瞬時に思ったであろう
中丸君の発言。

そういえば、お土産のレーズン入りメロンパンは気の毒でしたー。
亀梨君、早い段階から手元のパンが消えていたけれど
丸呑みしたのか、それとも誰かに食べてもらったのか?

まさか、テンションが低かったのはレーズンが原因だったとか?


ただ、いつもトークの時に思うのが
亀梨君は常にゲストの向って左側に座っていて
相手の話を聞く時たまに
その人の顔を覗き込むような姿勢になる時があるのですが
その感じがとても可愛らしくて
ちょっと女の子みたいで、

今回も松下さんが亀梨君の方を見ながら何かを訴えている時の
彼の姿勢がまさにこれで
なんだか勝気なお姉さんの訴えをなんとか聞いてあげようとしている
優しい妹みたいな構図に見えてしまいましたよ。

実は今回一番ツボに入った場面がココでした。


外タレ登場の際はこのコーナーなのか?的
プレゼント交換のゲストは
名前も顔も全く存じ上げない人で、
カツンのメンバーもなんだかne-yoの時とは打って変わったような
盛り上がりの無さで
イマイチつまんなかったです。

次回は歯に衣着せぬトークが期待できそうな
高嶋ちさ子姉さんなので
きっと盛り上がるのでは?と思っています。




スポンサーサイト

00:08  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/249-aee87b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。