どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.07.13
魅惑のキャッチボール
亀梨君の口から「ドッペルゲンガー」という言葉が
あんなにスラスラッと出てくるとは・・(←失礼)

なんだかものすごくカンドーしてしまいました、そこの部分。


今回は、カツカツ#15でしたっけ?
MCUさん、私は全く存じ上げておりませんでしたが
おタクでミュージシャンで30代前半で
爪を黒く塗っていてロン毛ってところに非常に興味を持ちました。

確かに似ている、古田新太。

質問の答がほとんどオタク目線ってところがツボ。
剣道の面の隙間から容姿の良し悪しを想像するってところが
もうマニアだと思います。

隣に座っている亀梨君がなんだかかわユス。


“ビリー”は結局、本人が登場するわけではなく
入隊したてのMCUさんの話から、
じゃあみんなでやってみよーって流れに
なったというだけのこと。
でも、6人の内3人のヘタレっぷりはなかなか面白かったです。

それにしても一番腕が上がっていた上田君は
終始余裕の表情で流石!という感じ、
それに引き換え前にいたゆっちさんのヘロヘロっぷりは
目を覆いたくなるようなヒドさ(笑)。

亀梨君と赤西君の苦悩の表情がしっかりシンクロしていたのが
すごかったです。
(これぞ『シンメ』ですか)

田口君も苦戦していましたが、
「どこに効いているのかがわかる」って言ってたのはスゴイなと。

田中君も余裕でした。日頃鍛えているのかな?


今回は全体的に田中君の切り返しがとても冴えていたと思います、
ダーツにおいても。


高いフィギュアを当てまショー、ってことで
私は偶然にも亀梨君と同じ「怪物くん」を予想してしまいました。
(こんなところだけ気が合ってどうする)
結果は500円・・・って、いやもっと安いかもしれない。

フリーザ(最終形態)は確かに良く出来ているなあと思いましたが
個人的にはベジータの方に心惹かれました。

田口君、あれ貰えるんだ・・・へー。


ダーツゲストはGGの片岡さん。
亀梨君とのキャッチボールを披露しておりましたが
野球の好きな人同士のキャッチボールは
見ている方も気持の良いものです。
その後の、ボールを器用に扱う亀梨君の姿がツボでした。


まさかの「欽ちゃん走り」披露。
年下の可愛い女の子相手だと、
勝負心が何処かへ置いてけぼりになってしまうという
6人組でした。


今回のお見送り当番は赤西様。


フィギュアってホントにいろんなのありますからねぃ。












スポンサーサイト

00:46  カートゥンKAT-TUN comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/245-acd9bd81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。