どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.07.18
さて第2話は
「HEY×3」はこれでもかというくらい
カメナシ君中心の話題であった。
それにしてもメールと電話番号を交換したのに
それを消してしまうのはいかがなものか(笑)。
きっとアイドルにしかわからない
わずらわしい人間関係もあるのだろうけど
生瀬さんのような人気も実力もある人のメモリーは
残しておいて損はないと思うのだが・・・
もしかしてカメナシくんて
結構面倒くさがり屋でアバウトな性格?
誰かフォローしてあげる人間が近くにいないと
その内痛い目を見そうな気がしてコワイよ。

新曲はCMと同じ衣装。
昨日の「ウタワラ」よりはこっちの方が良い。

さて、不安を抱えながら視聴したドラマ「サプリ」だけど
1話より2話の方が楽しんで見られた感じ。
ストーリー自体は大して面白みが無いのだけれど
これって「勇也の成長物語」として見れば
結構楽しめるような気がする。

今回はそういうファン心理を意識してか
サービスショット的な場面もいくつか盛り込まれていたし。

大体23歳って設定の割に、勇也と言う人間はコドモ過ぎる。
それとも今時の23歳ってこういうものなのか?
と一瞬勘違いもしてしまうのだが
実際、しっかりしている21歳を知っているので
若者全般をこういう目で見てはいけないだろうなとも思う。

ただ、勉強のために打ち合わせに参加する勇也が
携帯をメモ代わりに使っているのは
世代と彼のキャラクターを良く表していて
面白いなと思った。

相変わらずミナミの声と台詞回しはちょっと・・
という感じだったけど、
前回ほどは気にならなくなった。(慣れたのか?)




ツボだった場面もいくつかあった。
まずは、勇也に「好きです!」と告白されたと勘違いした
ミナミの妄想シーン。
特に勇也がミナミに金の無心をする場面がとても良かった(笑)。

焼うどんを作る場面と
帰ってきた今岡を出迎えるシーン、
顔面に打撃を受ける勇也がツボ。

寝付けない今岡が床に転がって眠っている勇也につまづく場面では
寝ぼけた表情で上半身を起こす勇也の姿が
ヒジョーに色っぽかった。
タダでさえ髪が長くて女の子みたいなのに
寝間着の甚兵衛の襟元が肌蹴た姿が
暗がりに浮かび、非常にキケン。

佐藤浩市演じる今岡の理性・・というより
ワタシの理性がふっ飛びそうであった(笑)。

あと、エンディングが工夫されていて
とてもよかったと思う。
あれって毎回対象人物が変わっていくのかな?

まさか、毎週毎週「TODAY'S MINAMI」じゃなかろうな。





スポンサーサイト
00:24  TV comments(2) trackbacks(0)
comment
今頃スンマセン。。
せめて次の話の前に書けてヨカッタ。。(汗)

でもって、わははは、やっぱり~!とウケました、
私も思いましたよ、あのお色気シーン(笑)は!
暗がりに浮かび上がる艶かしい姿、
ほとんど肩までのそのはだけ具合、
どーいうサービスショットやねん!と…(笑)。

エンディングは面白いと私も思った!
そうか、対象人物が変わるのか!
私はずっとMINAMIで、「恋」と「仕事」の
比率が変わってくとこを見せるのかと
思ってたんですが、確かにキャラそれぞれの
データを見せる方が面白いですよねー。

メモ代わりの携帯、私にはムリだな~。
絶対、話に追いつけない。。。(汗)

しかしやっぱ視聴率はいまいちなのか~。。。
でも私も最後まで見るぞーv-291
  • 2006.07.24
  • URL
  • B(仮名)
  • [ 編集]
今頃なんてとんでもない
1週遅れだろうが1ヶ月後だろうが
ちゃんと食いついてきますから大丈夫です(笑)。
あの寝ぼけるシーンは、まさにサービスショットですわよね。
次回なのかどうかはわかりませんが
佐藤浩市のベッドに入ってこようとする場面も
(蹴られるそうですが~笑)
あるようです。

エンディングは毎回違う人を対象にするみたいですね。
おそらく次回が勇也ではないかと。
広告会社ってこともあって
プレゼンの資料みたいに作っているところが面白いです。

あー、携帯は私もムリだー。
話のスピードに追いつかないし
変換もメチャメチャになりそうだし。

ドラマとしての視聴率はまあ平均値なんだろうけど
月9という枠から見るとかなり悪いようです。
Bさんが最後まで見る!と行って下さると
心強い!
私は彼が出ている限り最後まで見ます(笑)。


  • 2006.07.24
  • URL
  • ozarto
  • [ 編集]
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/23-098b6299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。