どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.05.01
LIVE! その7
このライブ感想を綴るにあたって、
曲順や記憶を呼び起こす為に
他所様のライブレポをチェックしているのですが
その内容を読みながら
自分の記憶の欠落っぷりにボーゼンとなる始末。

え?!ファッションショーなんてやってたっけ?
魅惑のダンスコーナーなんてあったっけ??!!

ってな具合。

自分があと憶えているところといったら
MCのコーナーではちゃんとみんなを座らせてくれたこととか
(年寄りには助かる配慮)
MCではみんな暴走することもなく結構お行儀良くしゃべっていたよな、とか
お手紙を読むコーナーで
亀梨君→中丸君への手紙を読んでいる最中に
中丸君がスタンド席からのかけ声に答えていたりしたもんだから
亀梨君がむくれて途中で帰っちゃったこととか
その後の中丸→上田のお手紙の時は
ピンスポットからわざと外れた位置に立っていた上田君が
中丸君になかなかツッこんでもらえなかったこととか。

「peak」の時にジュニアの中島裕翔くんと位置を入れ代わって
いたずらっぽい顔をして中丸君を翻弄させていた(ように私には見えた)
亀梨君の楽しそうな様子とか。

コスプレコーナーで見事なセーラー服姿を披露し
一部のブロックから黄色い雄叫びを浴びていた上田君と
そのスカートを執拗にめくる亀梨君の姿とか、
その途中でいつの間にか姿を消していたピンクレンジャー中丸が
次のソロで現われたこととか。

「Movin' on 」の時のライティングが
ブロードウェイミュージカルっぽいな~、曲の雰囲気に合わせてるんだな~
と思ったこととか。

上田君のソロの時に「ペンライトを消して」の指示があり
確かにとても凝った照明で面白かったこととか、
曲の途中で『アレ?歌詞が飛んじゃった?』と思っていたら
最後の挨拶でそのことをしっかり謝っていたこととか。

トロッコで目の前を通り過ぎた上田君の投げ出された手が
男の子とは思えないくらいとても華奢で可憐だったこととか。
(目の前10cmくらいのところにあったのに、触れることが出来なかった)

田口君のソロはやっぱり、スゴかったこととか。

思いつくことはとりあえず、こんな感じです。


それにしてもKAT-TUNのコンサートに今回初めて参戦したわけですが
スタンド席にいる人たちの近くにも彼らが来れるように
ちゃんと配慮してステージが作られていることには
とにかく感心しました。

会場に来ている人たちみんなに自分たちの姿が見えるようにと
駆け回る5人。

「うたいつづけるとき」を歌い始めた時に
ああ、これで一応終わりということになるんだなあと
ものすごく寂しい気持ちになったのですが、
5人のライブは物足りなさや物寂しさを全く感じさせず、
一人そこにいないことを見ている側にも思い出させることは
無かったのではないか?と思います。
(その人を待っている人達はちょっと違う目線だったのでしょうが)


この後、アンコールへと繋がります。














スポンサーサイト

00:13  ライヴ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/188-1ee6f77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。