FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

2007.04.25
LIVE! その4
さて、アリーナ席の入口には
座席ブロックの案内図が掲げられていました。
感嘆の声を上げるグループを見ながら、
いい席だったのね、よかったわね、と
他人事のように思いながら(他人事ですが)自分たちのブロックの位置を
確認します。

私は事前に、名古屋と広島のライブレポで
ブロックの位置は大まかに理解していたつもりでした。

KAT-TUNのライブは正面メインステージから後方バックステージに向けて
中央にいわゆる「花道」のようなステージが延びています。
この花道はメインからバックへの移動にももちろん使われますが
ちゃんと舞台としての役割も果たしています。

さて、私達のC2ブロックは
この花道に近くはあるけれど、
すぐ際の位置ではなく、通路を一つ挟んだ後ろのブロック、
位置的にはメインとバックのちょうど真ん中あたり。

ということで、まあ中央花道からはさほど遠くはないけれど
そんなに近くもないよなくらいに理解していました。

が、しかし!
実際会場に入って、席についてビックリ!

通路を挟んでいるとはいえ、花道に近っ!!
そして通路のすぐ脇の席だったBさんが
『こっちの方が亀梨君に近いから』と言って
席を代わってくださったのです。

うわーっ!中央移動通路の舞台に近いよっ!!

Bさん、ありがとう。
私の我侭で、仙台まで付き合ってくれた上に
席まで代わってくれて。

面と向かうと照れくさいので、
この場を借りて改めて御礼を申します。

さて、会場の中に入ったとはいえ
当初上着を抜くにはまだ寒い位の気温だったのですが
人が増えるにつれ、開演時間が近づくにつれ
だんだん暖かくなってきました。

ライブの始まる10分くらい前だったかな?
ステージ上にブルドッグキャラの気ぐるみ隊が登場します。
5人のメンバーのイニシャルが入って
リアルフェイスのピアノ演奏に合わせて
ちゃんと「ギリギリで~♪」の振り付けをするのですが
これがとても可愛くて、会場は一気に沸きました。

そしてスクリーンを使ってのライブにあたっての注意事項が
KAT-TUNブルキャラのアニメーションで紹介されます。
これが5人のメンバーによるアフレコなのですが、
いやあ、5人ともいい感じで声をあてていて
上手いな~と思いました。

亀梨君も声を作っていたのですが
Bさんが「これって亀梨君の声?」って尋ねてくるくらい
普段の声とはだいぶ雰囲気が違っていました。

ライブが始まると
花火が上がり炎が湧き上がり、一気に場内はヒートアップ。
着ていた上着を速攻脱いでも平気なくらい
会場の気温は上昇していました。


その5へ



スポンサーサイト

21:55  ライヴ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/185-9e5f29d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)