どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.03.25
ナビのショット
掃除の最中に
うっかり、岡崎京子の名作「リバーズ・エッジ」を手にしてしまったら
ガーッと読みふけってしまい、読み終わったら今度は
ドラマ「野ブタ。をプロデュース」を
たまらなく見たくなってしまいました。

この2作品、改めて見ると
共通項が沢山あるなと思います。
(ビジュアルとしては、川とか橋とか屋上、靴箱、釣り、階段の踊り場等)


昨日は「TVnavi」を購入しました。
堺(雅人)さんのエッセイが続く限りは
買い続けるだろう雑誌なのですが、
これにカツンの特集が組まれていると
ものすごく得した気分になります。

そのカツンの特集記事、「デビュー1周年記念」ということで
グラビアとインタビュー記事が掲載。

集合ショットよりも個々で写っている時の亀梨君の顔が好きです。
(右方向を見ているヤツ)

この個々に写っているグラビアですが
バラして並び替えるとなんだか面白そうな予感。
中丸君を右端に持って来て
その左側に亀梨君君、その更に左に上田君
上田君の向こうに田口君という感じで並び替えると
あらそこには素敵なドラマが(笑)。

記事ををファイリングする時に試してみよう。

ニューアルバムに収録される亀梨君のソロが
彼曰く「ロゼ」のイメージらしいです。
「ロゼ」って赤でもない白でもないあのロゼだと思うのですが
わかりやすいようなわかりにくいような
相変わらずの例えに困惑。

どちらでもない中途半端なイメージなのか?
色的なイメージなのか?
混ざり合っているイメージなのか?

曲名と作者名、以前亀梨君が「メッセージ性のある」と
発言していた内容から察すると
一番の候補は「someday for somebody」ではないかと思うのですが。

どうなんでしょうねぃ。









スポンサーサイト

15:18  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/170-96a360c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。