どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2007.01.12
セーラー服が今は母
先日の「白虎隊」後編は、結局後半の部分だけを見ました。
山Pが仲間とはぐれるところ、藤ヶ谷君が希望を見出すところ、
田中君が自決するところ、は見ることが出来ました。

母と息子の再会のシーン、母の死後にその本心を息子が知る場面では
さすがにジーンと来ました。
やっぱり母親が絡む場面には弱いようです。

それにしても、かつて映画「野生の証明」で
「おとうさーん!」と言っていたあの可愛くて凛々しかった少女が
今はすっかり母親役が馴染んでいるというのは
とても不思議な感じがします。

薬師丸さんは実際、山下君の母上と同じ年齢だという事で
すごいショックを受けられていたようですが。

私も山下君の母上が自分より年下という事実に
ものすごいショックを受けましたけど。



スポンサーサイト

00:10  ドラマ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/134-dd13f97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。