どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2015.11.26
こんなことになるなんて
久しぶりのブログ更新がこんな話になるなんて、
思ってもいませんでした。

私は今回の脱退の事、全く予想して無かったんです。
どちらかというと、今年5月の東京ドームコンサートの最終日で
もしかして辞めるの?とものすごく不安になったのですが、
その後特に動きが無かったので安心しきっていました。

でも、今思えば変だなって思うことはいくつかあったわけです。

ドラマや舞台で評価が上がったはずのじゅんのに次の仕事が来なかったこと、
亀ラジでじゅんのだけがゲストに呼ばれなかったこと(当時は打ち合わせがあってと説明されてましたが)、
タグチューンが終わったこと(これはCM契約が終わったからかな?と当時は思ってましたが)、
今年のライブが東京ドーム2日間だけで終わってしまったこと、
10周年に向けての動きが春コン発表まで何にも無かったこと、
最近の亀ちゃんがじゅんのにあまり絡まなかったこと。

じゅんのの脱退の理由は今のところまだはっきりとは語られていませんが、
脱退の時期までまだ期間があるのなら出来る限り多くを語って欲しいです。
でないと、とてもじゃないけど納得出来ない。

私にはまた怒りの感情は沸いてこず、なぜ?どうして?という疑問ばかり。
先の二人の脱退を受け止めてきたじゅんのがなぜ?それもこの時期に。

30を前にと言うのであれば、10周年を前に抜けられてしまったグループ側の3人の気持ちを考えることには及ばなかったのか?
1人脱退する毎に体験してきたであろう、スポンサー、テレビ局、スタッフ等にかかる迷惑の数々を想像することは出来なかったのか?

辞める側からすればそういうことはどうでも良いと思えるほど子供では無かったと思いたい。
でもだったらどうして?と思考は堂々巡りを起こしています。

3人はこれからの事をどう考えているのだろう?
私は絶対に解散なんてして欲しくはないけど、亀ちゃん、たっちゃん、ゆっちの気持ちが今回に関しては相当キツイところに来てるのではないかと思ってます。

舞台公演中のたっちゃん(今日は千秋楽ですが)、ドラマが控えている亀ちゃんはまだ気持ちの持って行く場所があるのでとりあえずは大丈夫だと思うのですが、
一番心配なのがゆっち。

ベストアーティストのDoAの時、明らかに振りが遅れていた。(1回しか見直せてないけど)

シューイチ生放送を見るのがツライです。





スポンサーサイト

14:39  TV comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。