どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.10.10
君のいないKAT-TUNを想像して
私がそのことを知ったのは、今日(10日)のお昼前でした。

昨日は情報からわりかし遠ざかって過ごしていたので
おそらく世間がざわついていた頃、私は楽しくお酒を飲んでいました。


今の私はわりかし冷静です、知っている範囲での情報を受け止めてはいます。

でも、心の中はざわついています。
それは、これから4人が揃って登場する時
楽曲を披露する時、ライブを行う時のことを想像してしまうからです。

仁が去った時は、こんなにざわつくことは無かった
でも今回は全く違います。

あの声、あのラップが無くなったKAT-TUN
『命はねえからなー!』の声が無くなったライブを想像すると

『足りない』ということを意識せずにいられません。


もちろん応援します、

でもきっと、ずっとしこりは残り続けるのだろうなあというのが
今の気持ち。



スポンサーサイト

22:58  雑記 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。