どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.02.20
今期見続けているドラマ2本
ブログのテンプレートを変えたら
日付がやたらインパクトあって目立っています。

今日は20日、3日後はいよいよ亀ちゃんバースデー。

私は特に亀誕関係のイベントには参加しません
ちょっとヤボ用があって出掛けなければならないし、
でも当日はきっと各所で亀誕のお祝いが開催されるのでしょうね
なんだか楽しそうだな、ちょっとうらやましいような。

当日の亀ラジ聴きたいけど、果たしてオンタイムでは聴けるかどうか。




さて、続きは今期のドラマ話なので
興味の無い方はスループリーズ。


今期のドラマで見続けているのは
「泣くな、はらちゃん」と「最高の離婚」の2本。

実は「夜行観覧車」を録画しているんだけど、まだ観て無いという・・(汗)。


「泣くな、はらちゃん」はとにかく面白いです
河野Pのこだわる世界って、私の好きなものとシンクロすることが多いようで。
考えてみれば、Q10もベムも人間じゃないものと人間との交流を通して
大切な何か・・みたいなものが描かれていたドラマだと思うんだけど
ベム以上に初めてのことが多いはらちゃんを通して
色々と感じることが多いです。

で、先週放送された5話では「死ぬ」ということに触れられてました。


私は身内の死を経験しているのですが、
身近な人が無くなって思ったのは
身近な人を亡くした人の気持ちは、
同じ経験をした人で無いとわからないものなんだなってこと。

人間は想像力があるから、その人の気持ちに寄りそうことは
ある程度出来るのかもしれないけれど
それでもやっぱり経験してみないとわからないことってあるわけで。

その気持ちのもっとも大きな部分を占めるのが
「はらちゃん」でも語られてましたが

「もう会えない」ってことなんですね。


だから、5話のようなお話を観ていると
普段は心の奥の方に閉じ込めている
「そうなんだよな、もう会えないんだよな」って感情が
突如浮かび上がってくるんです。

たまちゃんのその後の展開は、
観ていた人のほとんどが予想を付けていたんだろうと思うけど
実際にそうなったのを観せてくれると
こちら側としてはどうしても泣けてくるのです。



もう1本の「最高の離婚」は
1話目を観て無くて2話からの視聴だったのですが
最初はなんだかあまり面白いとは思え無くて
特にオノマチさんが演じてる元ヤンな嫁のヤンキーさ加減が
本当にダメだったのですが
そんな結夏(オノマチさんの役名)が自分の感情を
元夫(瑛太)にぶつけた回を観て印象がガラリと変わりました。

それ以降は結夏がカワイくて仕方が無い。

あと、結夏の事を好きな淳之介(窪田さん演じる)もカワイイ。


それから、真木ようこさん演じる灯里のことも
最初はやな女だなーって思っていて
「遅咲きのヒマワリ」の時の役は好きだったのに~~なんて
過去の役のことまで持ち出したりしていたら
これまた自分の感情を同居相手にぶつけたあたりから
好きになりました。


あと、本当に面倒くさい性格の光生を
本当に見事に演じている瑛太さんがすごいです
面白過ぎます。


綾野さん演じる諒も魅力的です。
(こちらも違った意味で面倒くさい男だけど)


綾野さんといえば、
例のサワーズカメカメCMを観た感想をくれた
(メールででしたっけ?)って
亀ラジで亀ちゃんが言ってたけど
ドラマで共演した後はそのままサヨナラじゃなかったんだーって
ビックリしました。


このドラマを見始めた時、
なんとなーく「ふぞろいの林檎たち」を思い出していたんですが
(主題歌は桑田さんだしー、主要人物の誰かが長台詞言うしー
主人公が気になる人に対してやたら首つっこみたがるしー)
演出の宮本さんって山田太一さんの娘さんなんですね。


あのエンディングのダンスも面白過ぎる。
役者さんってスゴイなーと改めて。






スポンサーサイト
18:29  ドラマ comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。