どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.12.23
まさにスペシャルなプレゼント
なんと夫に『こんなの放送するみたいだぞ』と
教えられた番組
「ザ少年倶楽部スペシャル」を見ました。

夫に言われなかったら見逃していた番組。
夫と一緒に参加するはずの忘年会を私だけドタキャンして
(月一の体調不良)
1人ウハウハ状態で見ていました。

録画をちょっと失敗してしまったので
(最初の『薄荷キャンディー』が切れてしまった~不覚)
明日のハイビジョンでリベンジです。

期待以上のスペシャル盛り沢山な番組でした。
私のような新参カツンファンにとっては
過去の映像はユーチューブでしか見られないものなので
綺麗な画面で見られる嬉しさと
こういうこともやっていたんだという感動や驚き。
特に赤西君の映像があちこちで見られて
彼のファンには嬉しい企画番組だったのでは
ないかと思います。

一番リクエストの多かったというカツンの特集が最初にあって
5人のメッセージVTRも流れました。
それぞれがカードを引いて、それに書かれているセリフを
カメラ目線で言って下さい!という企画。

番組の(中丸君の?)狙い通りなのか
亀梨君のセリフは「今夜は帰さないよ。」でしたが、
セリフの後に皆が「帰れ帰れ」を大合唱する姿が
なんだか楽しそうでした。
(亀梨君もなぜか一緒に愉しそうに「帰れ」コール)

他のジャニーズ達の映像でも
例えば、関ジャニの後ろで一緒に振り付けしているカツンとか
懐かしのコントや、コーナーの司会をする亀梨君とか
いろんな映像が見られて楽しかったです。

もう一度みたいリクエスト1~3位は、
3位が亀梨君のソロアミーゴ、2位が山P、
1位は予想通り赤西君のソロでした。

過去の映像、歌でもコントや企画コーナーでも
キラキラと輝いていた赤西君が
「リアルフェイス」を歌っていた時だけ
そのキラキラを
意図的に翳らしていたような感じだったのが、
後の彼の休業を暗示していたように
今見ると思えました。

映像というのは正直で、ある意味残酷なものなのかも。




スポンサーサイト

21:51  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/125-115e977d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。