どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.11.09
今更ながらドリボ感想
あれから1ヶ月以上も経っているので
記憶はかなり薄れているのですが、
やはり今年のドリボは少しでも感想を記しておこうと
思ったので、ざっくりですが上げておきます。


今回、私が参加したのは

9日の昼夜と23、27の夜公演
計4公演でした。

9日昼が1F下手側のR列、夜が同じくらいの位置の2F席
23日夜が2Fの中央よりやや上手寄りF列
27日夜が1Fのほぼ中央M列でした。

振り返れば9月って、実を言うとあまり体調が良く無い日が続いており
特に9日の2公演観劇の日は、体力的に不安のあった日で
果たして自分最後まで持つか?という感じの日だったのですが

いやあ、見事舞台に集中出来ました(笑)。
パワーも貰いました。



今回のドリボ、チャンプ役が玉森君ということで
一体どんな感じになるんだろう?と
若干の不安はあったのですが
観劇された多くの方が感じてらしたように
設定が見事にはまっていたと思います。


ただ一人、決して「カズヤ」と呼ばない後輩。

一度だけ、試合で倒れた後
ナオキに向かってつぶやいた言葉の中に
「カズヤ」がありましたが、あとは「センパイ」を見事に貫いたという。

2人の関係性も良かったです

常に意識の中には「カズヤ」という先輩の存在が大きくあるのに
表面ではクールを装っている感じが
玉森君にピッタリのキャラでした。


オープニングのカズヤの登場シーン、
WSなどで、学生服姿ってことは既に情報を得ていたけれど
まさか十字架を背負って(正確には十字架をバックに)お目見えするとは!

この場面、大興奮でした。
心の中で「カッコイイーッ!」って叫んでました。
(ステージフォトも当然買った)

で、すぐに学ランを脱いで白シャツで踊り始める
久々の「FIGHTING DANCE」にテンション上がりました。
関ジャニとやった時のあの腰回しが甦りましたが
あの頃より大人になったダンスでした。

この時の白シャツの着崩し方ってかなり計算されてるなーって
毎回思っていたのですが
黒ボトムの腰回りから出ている白シャツの加減が絶妙なんですよね~
見事だなーって感心して観てました。


ダンスの後のアドリブ合戦ですが
3回目に観た時に、その進化にホントビックリしたというか
ああ、こうやってみんなで作り上げて行ってるんだなーと
実感した場面でした。

宮田君や八乙女君はまあわかるけど
ちょっと堅そうな印象の玉森君や千賀君が
ギャグを仕込んでくるとそのギャップにまずやられてしまって
やたら面白かったです。

ああ・・でも今回のこの後輩君達の人選は本当に良かったのではないでしょうか
特に宮田君、今まで彼と亀ちゃんの接点ってあんまり無かったように思うのだけど
彼の存在はとてもいい方向に作用したと思います。


ざっくりのつもりが
少し長くなりそうなので、一旦アップします。



スポンサーサイト

18:39  舞台 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。