どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.10.20
紅茶とCS
新しい午後ティーのCMがなかなか面白いです。

今回は蒼井優さんとの共演で
2人でナレーションの「お茶」を訂正するように
「紅茶」と連呼しているところ

その前後の表情も良いです。

2人が別々の船に乗っていることが判明し
「じゃあまた」「また」と別れるところ。

亀ちゃんの「また」という声が
ちょっと低めで少しベムっぽくて
これがなかなか良いのです。

TVではまだ遭遇出来ていないので
どこかで捕獲出来るといいな。



今週もなんだかんだで亀ちゃんのメディア露出は
結構あったのですが

CS(クライマックスシリーズ)は
今日で決まっちゃうのかな?
もうこの際だから第6戦までもつれこんで欲しいです。

CSの第一戦、石井琢朗さんとの副音声
帰りが遅くなり、リアタイでは
後半30分位しか観られなかったのですが

いやあ、中々面白かったです。


石井さんの解説やエピソードがとてもわかりやすく
(若干ぶっきらぼうな感じもあるんだけど、それがまた味で)
亀ちゃんもお話を引き出すのがとても上手で
まさに副音声の醍醐味的な話が
色々出ていたように思えます。

第2戦では、固さの残る三浦投手の緊張を上手くほぐし
話を聞き出すことに徹し、
実況が上重アナだったこともあって
2人の役割が上手く噛み合って進行していたように思えました。

第3戦は立浪さんの解説がこれまたわかりやすいので
亀ちゃんとの2人のやり取りは安心して聞いていたのですが
いやはや義堂ちゃん、

ガンバレー。

でも義堂ちゃん、亀ちゃんやゆっちのこと含め
KAT-TUNのことスゴイ好きですよね。
亀ちゃんにはリスペクトすら抱いているのではないかな?
という感じが、副音声からビシビシ伝わってくるのですが。


あ、他にも綴りたいことあるので
一旦上げます。







スポンサーサイト

15:41  CM comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。