どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.10.15
お玉
ドラマ「大奥」始まりました。

先日、映画版がTVでやっているのを観て
ううむ・・・という感じになってしまったのですが
ドラマの方は中々良く出来ていたのではないかと思います。

うん、面白かった。

麻生祐未さんの春日局・・・

いや、原作はもっとお婆さんで
ビジュアル的に麻生さんは綺麗すぎるのでは・・と思っていたら
いやはや見事な演技力で、とにかく・・コワかったです。

そして主演の堺さん、

有功は、ビジュアル的なイメージとしては外れているかなとは思ったものの
漂う品の良さや、一見穏やかな雰囲気だけどその底には・・みたいなものを
表現出来るという面では案外良いのかもしれないなー
ぐらいに思っていたのですが

いやはやビジュアルの誤差は見事演技で・・という感じでした。

映画版は有功と真逆な右衛門佐を一体どう演じるのか?
興味が沸いて来ました。


で、一番の楽しみだったと言っても過言ではない

聖の玉栄

大奥出演の噂を聞いた時から
玉栄だったらハマりそうなんだけどなーって思っていたら
まさにその役で、

第一話を観たら、もう期待以上のものでした。


ネットでちょろっと検索したのですが
原作の玉栄にそっくり!と、なかなか好評のようですね。

有功とのシーン、玉栄も還俗し大奥に入ることを決めた場面では
涙が・・・

ビジュアル的にもハマっているのですが
その演技に惚れぼれしました。

第二話も楽しみです。


でもこの玉栄が・・映画版では西田敏行さんになるのかと思うと

ちょっと笑ってしまいます。
(いや、西田さんの桂昌院もきっとハマり役だとは思うのですが)




スポンサーサイト

23:10  ドラマ comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。